つかの間の夢 つづき

ホールを出てから、都内で食事をしようと思ったが、
もう時間も遅かったので、娘と相談した結果、家の最寄りの駅についてから、
食事をして帰ることになった。

上野駅でJRに乗り、膝の上にパンフレットを広げて余韻を楽しんでいたその時に
携帯がなった。

「こんな時間にどこに行っているんだよ!」とイライラした夫の声。

「どこって、今日はコンサートに行くから遅くなるって何度もいったでしょう?」

「知らないよ。聞いてない。
もう家に着いたのだけど、鍵を持っていないから、入れない。」

「え、今まだ上野を出たところだから、まだ1時間くらいかかるよ。どこかで時間を潰してて。」

「何言っているんだ。出張帰りだから、荷物だってたくさんあるし、どこに行けと言うんだよ。
どうにかしろよ。」

どうにかしろと言われても、もう私たちは電車に乗っているわけだし、
これ以上どうにもしようがない。
話してもむだだと思い、そのまま電話を切ってしまった。

夫がいらいらしながら家の前で待っているかと思うと、
パンフレットを見る気もしなくなってしまった。

私は何にも悪くないもん。

だって、私は「今日は遅くなる」って何度も言ったんだし。
鍵を持つのを忘れたのは、夫なのだし。



そうは思ったが、あまり待たせると後が面倒なので、
外食はあきらめて、コンビニで適当に目に付いた弁当を買って、早足で帰った。
せっかく、おいしいものを食べて帰ろうと思っていたのに。(食べ物の恨みは怖いぜよ)

娘は「オヤジがバカなんだから、待たせておけばいいんだよ」とすました顔をしてのんびり後をついてくる。

そうなんだけど、まあ、バカならバカなりに適当にあしらわないと。

家に着くと、夫は玄関前の暗がりに座って、パソコンに向かっていた。
顔を合わせるなり、「私、前から何度も今日出かけるって言ってあったからね!」と
先手を打って言ってやった。

夫は黙って家に入っていったが、いかにも不機嫌な様子。
でも、自分が悪いのは自覚しているだろうから、それ以上何も言ってこないだろうと思い、
私もそれ以上相手をしないことにした。

「せっかく今日は楽しくいい気分で
過ごしたのだから、もうこんなことは忘れよう」と思い直して、
ベッドの中でパンフレットを眺めながら、とにかくその日はまたいい気分になって、
眠ったのだが、翌日、またしても、夫にうんざりするできごとが…。

つづく
[PR]
by ymznjp | 2011-10-31 14:30