<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サクラサク

息子の受験、W大政経合格。

第一志望の国立大の発表は3月10日だけれど、もうW大ならW大でいいわ。
今日まで後期日程の勉強をしていた息子だけれど、これで後期試験を受けるのはやめることにしました。長かった浪人生活が終わりました。

ずっと痛かった私の胃も急に回復したので、
明日はケーキを買ってたくさん食べよう。
ああ、よかった。
本物の桜が咲くのを
ゆっくりと待ちましょう。
[PR]
by ymznjp | 2011-02-28 22:52

数週間前、娘が浮かない顔をして私に言った。
「Aちゃんが、学校の図書館利用カードを貸してとしつこく言うから、
私のカードを使わせてしまった。Aちゃんはこれまでに本を借りてちゃんと返さないことが多かったから、
自分のカードは学校にとりあげられちゃったんだって。
私のカードで借りた本、ちゃんと返してくれるかな。なんか、すごく悪い予感」

Aちゃんとは、同じクラスの中国人の子で、芸術的才能があって、学園祭などでは人気者だけれど、
奔放な性格のせいもあって学校でトラブルもたくさん起こしてきた子だ。

「そういう子なら、ちゃんと返してくれないかもよ。
いずれにしても、図書館のカードなんて、人に使わせちゃだめでしょう」と私。

そしてその後、本の返却期限が迫り、娘はAちゃんに「ちゃんと期限までに本を返してね」と繰り返し言ったらしいのだが、案の定、期限を過ぎてもAちゃんは本を返さなかったようだ。

期限が過ぎた日に、「私が借りたことになってるんだから、ちゃんと返してよ」と娘が言ったところ、Aちゃんは「こんなことで怒るなんて」と笑いながら帰ってしまったそうだ。
「私完全になめられてるよね。それにしてもAは人間としてどうかと思う」と帰宅した娘は私を相手に怒り狂う。

「でも、最初からそういう子だと分かっていてカードを貸すなんてあんたもどうかしてるのよ」と私は答えたが、子供同士で話してもらちがあかない以上、しかたがないので、相手の母親に電話してみた。
すると、先方はあっさりと「はい、分かりました」とのこと。

「もともと親の言うことなんて聞かない子らしいし、本当に本を持ってくるかな」と娘は心配していたが、
結局、次の月曜日に本は返ってきた。

そのことを夫に話すと、「相手の子はたいしたもんだ。うちの娘は情けない。
中国では、Aは勝ち組で、うちの娘みたいなのはダメなんだ。
カードを貸すなら、金でも担保にとればよかったのに」
と訳の分からないことを言うので、あきれてしまった。

「金を担保に」取って、後で学校に知れたりしたら、うちの娘までが
「札付き」になってしまう。
それにしても、うちの娘は一方的に迷惑をかけられた側なのに、こういうことを実の父が言うとは、本当にバカじゃないのと思ったのだ。

でも、確かに、せがまれたからと言って、図書館のカードをホイホイ貸す我が娘も困ったものだ。
将来、クレジットカードや保険証などを簡単に貸したりしないようちゃんと教育しておかなくちゃ。
[PR]
by ymznjp | 2011-02-08 16:29