<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

尋ねたいけど、尋ねない

最近、ある会社から頻繁に翻訳チェックの打診がある。
この会社に登録したのは、もう10年くらい前かもしれない。
登録時に合意の上でレートを決めたのだが、あるとき、「当社では翻訳レートは一律○○円にしました」と言うことで一方的にレートを下げてきた。
その後、他社からの受注が安定してあったので、この会社の翻訳の打診は基本的に断っていたが、
何となくうっかりして受注してしまったことがあったから(翻訳会社の名前は似たようなものが多いので一方的にレートを下げたその会社だということを受注時に気づかなかった)、こちらも「レートの引き下げに同意した」ことになってしまったのかもしれない。

そういうことがあって、何となく不信感を持っていたのだが、
数ヶ月前に短い仕事だったので、1件打診を受けてしまった。
それ以来、翻訳ではなく、チェックの打診を頻繁にだしてくるようになった。

「この案件はどうしても品質のよいものとしたいので、社内で検討した結果、ぜひあなたに」のようなことが毎回書いてあるのだが、レートについては触れていない。
たぶん、よくて翻訳料の3分の1とかその程度だろう。
日中訳のチェックはこれまでにも断り切れずに受けたことがあるが、技術関係を除き、十中八九、文章を書き慣れない人が苦し紛れにでっちあげたような微妙な日本語原文に、正誤の判断が難しいさらに微妙な中国語訳がついているという代物が多く、自分で翻訳をするのよりも、ずっと手間暇がかかり、かつ、すっきりとしない気分になる仕事なのである。
それを、もし400字数百円で受けたら、頭が割れるほど考え抜いて、時給数百円ということになるだろう。

それを受けるくらいなら、貴重な時間を自分の楽しみや家族のために使ったほうがマシである。

翻訳会社も厳しい現実に直面し、品質管理の方法に苦慮しているのだろう。だが、チェックのレートを実情に合わない低い金額に据え置いたままで、品質の向上が見込めると本当に思っているのだろうか。

よく翻訳会社のHPを見ると、「チェック体制が整っているので、高品質の成果物を提供できる」と書いてあるが、成果物の質はチェック体制によって保たれるわけではなくて、一次訳を作成する翻訳者の技量に依存している。いいかげんな訳に時給200円だの300円だののチェックをいくら付けたとしても質が保たれるわけがない。


ところで、この会社のチェックのレートはいったいいくらなのだろう。
時給にして数百円で、「品質重視の案件なのでぜひあなたに」と言われても荷が重すぎる。
「翻訳者のネガティブスタンスを変えるためのリップサービス」なのかもしれないけれど、かえって気が重くなって、受注する気がしなくなる。

「品質を重視している」案件のチェックのレートがいったいいくらなのか聞いてみたいけれど、
それを聞いてから断ったら、どちらもいやな気分を引きずるだけだ。楽な仕事ではないことも分かっているし、かつ、レートも低い可能性が高いのだから、最初から聞かないで断るのが双方のためだろう。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-29 08:45

「告白」を見てきた

今日はレディースデーだし、仕事も一段落ついたので、
「告白」を見にいってきた。
haruさんのブログで取り上げられているのを読んでから、見に行きたいと思っていたのだが、
仕事がだらだらと続いて、なかなか見に行けなかった。

それでどうだったかというと一言で感想をいうのは、難しい。

ストーリーとしては、おもしろかった。でも、あまり心に響くものはなかったかもしれない。

あれだけ、タフで、クールで、老獪な主人公の少年の原動力が、「ママラブ」だったり、結末が「己所不欲勿施於人」みたいなところに収束していったりとか、分かりやすくお手軽につじつまを合わせて話が進んでいくところが、底浅い感じがした。
それに、現実の世界では、学校でおこる問題の圧倒的多くは、おそらくは、貧困の連鎖など、家庭環境の悪さから生じるものであるのに、この映画の「一見問題がない裕福な家庭」や「学業が優秀な子」から諸悪が生まれているかのような、使い古された大衆迎合ぶりも、昨今の現実にまともに取り組んだものというよりは、ショッキングな物語を作って、話題を集めようとしているだけのように思えた。

問題作と言われているようだけど、娯楽として現実離れした登場人物たちのサイコぶりを楽しめばよいのかもしれない。
最後の「なーんてね」もそれでいいのだよ、ということを伝えようとしているような気がした。

そんなふうに思ったのは、うちの子どもたちが登場人物たちと近い年齢にいて、
その実体を知っているから、物語の「つくりもの」の部分が浮かび上がって見えたかもせいなのかもしれない。

ま、現実の子どもの世界も、それほど単純ではないけれど、これほどひどい逸脱は滅多にないだろう。
むしろ私が育った「昭和の時代」のほうが、もっと熱くて暗くまがまがしいパワーが子どもの心にも潜んでいるのが感じられた。今の子どもたちは、それに比べたら「草食系」でさっぱりしているように見えるのだが、どうなのだろう。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-23 21:11

今日もげんなり

何となくネットサーフィンをしていたら、
ある企業のマーケティング担当者のブログを見つけた。
 
内容はかいつまんでいうと、こんな感じ。↓

「翻訳案件をある翻訳会社を通じて外注しているが、
おもったような品質の成果物があがってこない。
翻訳者とレビュー担当者に改善を求めるが、やる気なし。

腹が立って、翻訳会社の名前をさらしてやろうと思うほどだ。

その後に、どうしてまともな成果物があがってこないのか、いろいろ考えた。
(この後、その人が考えた理由が箇条書きにされている)

翻訳者としてのプライドはないのかよ!

他社のHPを見ると、まともな文章(訳文)が載っていてうらやましい。
どうしてなの?」

…みたいな内容。

その同じ文章の中で、このブログの管理人自身が、「他にいい翻訳会社は多々あるけれど、限りある費用で大量の翻訳をするには、量と質のバランスがとれないのが悩ましい」とかなんとか自分で書いているのである。

自分で答えが分かってるじゃないの。
たくさんお金払って、「いい翻訳会社」に外注すればいいだけなんじゃないの?
そのために十分な費用を支出しない自社の問題なんじゃないの?

いくら翻訳会社に文句を言ったって、それ相応の料金を払わないのなら、
翻訳会社だって、「プライドのある」翻訳者に仕事を出すわけにいかないに決まっている。

つまりこの人が言っていることは、ワンコインランチを注文して「どうして安っぽい料理しかでないのか」と文句を言っているのに、等しいのではないだろうか。


そのブログには、さらに「翻訳会社が翻訳者を育てる必要がある」などと同調するコメントも書かれているのだが、そりゃ、相応の費用を払えば、翻訳会社だって何だってやるでしょうよ。

どうしてこんなことが分からない人たちがいるのか、そっちのほうが私にはまったくもって分からないのである。

受注側と発注側では、こんなにも絶望的に意識が違うものなのだろうか。
本当にこんなクライアントの相手をする翻訳会社の苦労が思いやられる。


ということで、今日ももやもや。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-19 20:04

ぬるい地獄の蓋があく

ここ数日、試験の採点をしている。
これが気が重い仕事なので、なかなか進まない。
でも、どうして受けるかというと、一年分の仕事がセットになって依頼されるから。
取れる仕事は取って置きたいという気持ちで受けてしまう。

それを毎日、ぐだぐだ考えながら、少しずつやっている。

さっさと終わりにして、さっぱりしたいのだが、そうもいかない。

この仕事をだらだらやっているせいで、2本の打診を断った。

どちらも短納期で分量が多いので、この仕事の合間にやるには荷が重すぎる。

一件は昨年苦労してやっと登録した会社からの初めての打診だったので、断った後に、しばらく気分が沈んでしまった。

もう一件は、以前から時々仕事を受注する会社からの打診。
「急ぎ」でかつ「料金値下げ要求あり」という条件だった。
断ったけれど、ずっともやもやした気分を引きずっている。
「まだ、値下げしないんですか」みたいな担当者の言い方も、引っかかったし。
短納期、値下げで勝負したら、遅かれ早かれ、翻訳者はつぶれる。
翻訳会社だって、値下げと無理な条件をのむ方向で戦っていったら、生き残れないだろう。
でも、目先の仕事をとらざるを得ない翻訳者や翻訳会社も多いのだろうな。

生活がかかっていない私のような翻訳者は、とてもじゃないけど、そんな泥沼地獄で戦う気になれない。
まだ、減ったとはいえ、以前のレートで発注される仕事がそこそこある。けれど、それもなくなったら、もう「奥様」になって、今までに貯めたお金を小遣いにしながら、のほほんと暮らそうかなと思ってしまう。
そうすれば、親が病気になっても時間を気にせずに手伝いに行けるし、家族の世話もできて、かえって、夫にも、子どもにも喜ばれそうな気がする。
日程的に少しきつい仕事でも無理して取ろうとするような、以前はあった仕事に対する原動力が日に日に衰えているなと感じる今日この頃。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-18 18:37

月曜日は雨降りだった。

朝一番で納品して、次の仕事に取りかかろうと思ったが、
その前に買い物に行って、用事を済ませておこうと思ってでかけていった。

最初にセブンイレブンに行って、ネットで買ったソフトの料金を払い込む。
その後、駐車場に止めてあった車を左後ろ方向にバックさせた時に、ガリガリといういやな感触があった。

隣には長い荷台がついたトラックが止まっていた。雨降りで、サイドミラーや窓に水滴がついていたが、荷台がどこまで伸びているかちゃんと確認したつもりだった。

でも、荷台から鉄パイプがつきだしていたのだ。

その後、スーパーで買い物を終え、ガソリンスタンドで給油したときに、直すとしたらいくらかかるか聞いてみた。

「へこみも直さなければならないし、色も合わせなければならないから、4万円強かかりますね」

「へこみは直さなくていいし、色も合わせなくてもいいです。錆びるといやなので、塗ってもらうだけでいいんですが」

「だったら、タッチペンでも塗っておけばいいですよ」

そう言われたので、タッチペンを買いにホームセンターに行ったが、
以前にタッチペンを塗って却って小汚くなってしまったことがあったのを思い出した。そこで、キズ取り剤(3900円也)を買って帰ったが、これが効果なし。


今度タイヤを替えに行くときに、イエローハットでいくらかかるか聞いてみよう。

このところ、野菜が高くて、ナスなら1袋200円、ピーマンなら1袋150円を超えた場合は、
あきらめたりしていた。そういう細かな節約をしていたのに、

ガリッと一発、40000円とは。
ああ、ちゃんとトラックの荷台の角だって確認したのに。
もう脱力。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-15 20:01

金曜日の朝、新規で入った仕事にとりかかろうとしていると実家の母から電話があった。

先日、父の日のプレゼントにメロンを送ったので、それのお礼の電話だった。
その後、子どもの学校の話や先日の同窓会の話などをして、電話を切ろうとすると、
急に母の声が低くなり、「実は、先日から血尿が出てそれを検査したところ、内視鏡を使う癌の検査を夕方からすることになったの。もう兄弟が何人も癌で死んだから、しかたないわね」などと言う。
兄が午後から仕事を休んで、付き添っていくのだと言う。

「たいしたことないだろうから、一人で行くつもりだったけど、
こういう時に親孝行をしなくちゃするときがないから、車を出してくれるんだって」と母。

「たぶん、たいしたことないわよ。どうせ親孝行してもらうなら、この際だから、帰りに『そういえば、なんだかウナギが食べたいわ』と言って、ウナギでもおごってもらえば」と私。

そんな冗談を言ったが、さらに、どちらの声も沈みこんでしまい、言葉も途切れがちになる。

「まあ、何か手伝いがあったら行くからまた電話してね。あ、でも、でも仕事があるから、すぐにいけるとは限らないから、早めにね」

そう言って電話を切った。

その後、いろんなことが頭をかけめぐる。
もし、本当にこれから大事になるなら、仕事は「調整」するのではなくて、「休止」するしかないかもしれない。3時間もかかる場所を行ったり来たりしながら、調整できるほど、時間的に余裕があるとはかぎらない仕事だから。
でも、今のような時期に「休止」したら、新たに仕事をつなげる時に同じレートではつながらないかもしれない。

それに、どうして、ひとこと「まかせて、私が手伝いに行く」と母に言えなかったんだろう。
この期に及んで「仕事があるからどうこう」などとたいした仕事でもないくせに、何と薄情な娘だろう。

それに、今年は息子の受験もあるし、だらしない息子と娘をおいて、泊まりがけで家を空けられるかしら。夫は出張が頻繁にあるから、当てにならない。

その日は、つい仕事の手がとまり、情けないくらい作業が進まなかった。

夕方、母の話をしながら、子どもと夕食をしていると、母から電話があった。

「検査をしたけれど、とりあえず大丈夫そうよ。あはは」

そうか。そうですか。まあ、それはよかった。
とりあえず一件落着。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-14 08:58

前回、ブログを書いた時に取りかかろうとしていた仕事は、その直後にキャンセルとなった。
今月は、3科目分の試験の解説を作成しなければならないので、それを前倒しして書いておこうと思ったのだが、何となく気落ちして、片付けもの、読書、書道などをしてすごしてしまった。
次の日には、ひさしぶりに電話をかけてきた友人と長話。
その後、先日のカミングホームデーの日にみんなで撮った写真を焼き増しして、手紙をつけて送付した。一人ずつ、宛名を書きながら、「これからは、お友達も大切にしていかなくちゃ。手紙も美しく書けるように、書道も毎日少しずつ練習しよう。ゆとりのある生活を取り戻そう」などと考えていたのだが、夕方、別件を受注。

とりあえず、「お友達を大切に」、「書道の練習」、「ゆとりのある生活」とは、数日後までお別れすることになった。でも、そういうことを少しずつでも生活に取り入れられるようになったのは、うれしいことだと思うことにしている。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-11 08:26

月曜日に納品して、午後から書道教室に行き、
火曜日は読書して、片付けをして、買い物して、井戸端会議して、一日が過ぎた。
今日から、次の仕事に取りかかる。

書道も、教室で、一旦、筆を持つと、もっともっと練習したくなる。
でも、家に帰ると、雑用、仕事、読みたい本…などなどが待っていて、
結局、たいして練習せずに、次の書道教室の日がきてしまう。

コミックの「とめはねっ」や映画「書道ガールズ」なども登場して、
若い人たちの間で、書道がブームになっているかのように言われているが、私が行っている書道教室は、平均年齢がすごく高い。みんなレベルが高いうえに、ヒマもあるらしく、とても熱心に家で練習してくるようだ。その中にまじって、練習もろくにして来ない私が子供のような字を書いているのは、とても場違いな感じ。

それでも、いつまでにどれくらい上達しなければならないということもなく、
毎回毎回、意志に反して上手に書けなない文字を工夫しながら繰り返し書くのは時間を忘れるほど楽しい。

でも、今日からまた仕事。仕事が以前よりはヒマになったとはいえ、他のことに力を注げるほど時間があるわけではない。
何とも中途半端だけど、普通はそんなものだろう。
かえって、時間がなくて、少し欲求不満の状態にあったほうが、長続きするかもしれないし。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-09 08:12

土曜日には、都内某ホテルで開催された大学の同窓会にいき、その前に同じクラスの友人と、大学のカミングホームデーにも行った。
感じたこと、考えたことはいろいろあり、ブログにも書きたいと思ったのだが、何だのかんだので忙しくて、どんどん日にちが経ってしまった。

今朝、納品しようとしてパソコンを立ち上げようとしたが、立ち上がらず。
印刷してあった訳文を予備のパソコンで必死で打ち直して、何とか納期までに納品。
その後、プリンタからインク漏れ。予備のプリンタをつなげたが、ずっと使っていなかったので、インク詰まり。
予備のパソコンにいろいろとソフトをインストールしなおしたり、インクだらけになった机を拭いたり、いろいろしているうちに一日の大半が過ぎてしまった。

仕事は大幅に遅れたのに、今週は予備校の保護者会もあり、結局また次回の書道教室までに宿題をやる時間はとれそうにない。

いつも書道教室で字を書いている時には楽しくてしかたがないのだが、家に帰ると他の用事の後回しになって、宿題が少しもできない。最初から挫折しそう。
[PR]
by ymznjp | 2010-06-02 17:09