<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

行く前に挫ける

先日、夫の会社が契約している福利厚生サービスの会社からディズニーランドの割引券をもらったので、ゴールデンウィークにはそれを使って娘とディズニーランドに行こうと漠然と考えていた。

仕事の合間にあれこれ検索してみると、混雑予想のページに行き当たった。それを見ると当然のことながら、ゴールデンウィーク中は連日大混雑との予想。
日によっては、入場制限があるらしい。
「入場制限って何?」と思って調べていると、入場制限がありそうな日に行くには「日付指定チケット」が必須とのこと。
「日付指定チケットって何?」と思って調べてみると、「日付指定チケット」は限られた場所でしか購入できず、それがあって入場できたとしてもアトラクションも大混雑なので「ファストパス」が必要とのこと。
「ファストパスって何?」…。

もうこの辺でぐったりと疲れてしまった。
ディズニーランドなんて、東京ディズニーランドに1回と、アナハイムのディズニーランドに1回しか、行ったことがない。子供たちはもう何も覚えていないだろう。

近所の人たちがよく行くらしいので、もっと気軽に行けるところだと思っていたが、そうでもないらしい。
田舎暮らしをしているうちに、人ごみが苦手になり、ショッピングセンターに行くだけで頭痛がする私には楽しめるところではないかもしれない。

家に帰った娘に「ゴールデンウィークのディズニーランドはやめにしよう」というと、
娘も「ゴールデンウィークは宿題多いし、ごろごろしたいし、別に行かないならそれでもいいよ」と年寄りのような表情で言うので、あっさりとディズニーランド行きはなくなってしまった。

でも、この長い休みの間、どこにもいかないのも悲しいので、8日土曜日に劇団四季の「アイーダ」のチケットをとった。
息子も行きたいというので、「だったらその分勉強がんばれよ」ということで、3人で行くことになった。
それにしても四季のチケット代(A席1枚8000円也)を思えば、一日遊んであの料金のディズニーランドは割安だから、混雑するのかなあ。でも、ディズニーランドでも、買い物したり、食事をしたりすれば、かなりの出費になりそうだし、同じようなものだろうか。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-27 08:34

最近、「ぬるーい地獄の歩き方」という本を読んだ。


なんか、翻訳業も「ぬるーい地獄」だなと思う。

今は暇がないので、どこがどう「ぬるーい地獄」なのか、書かないけれど、
関わっている人はみんな分かっているだろう。

翻訳の採点も、ここのところ毎月毎月来る翻訳志望者からのメールに回答するのも、私にとって、ずっと気が重いことだった。特にこの不況になってから。
「こっちの水は苦いよ、こっちの水は苦いよ」と叫びたくなる。
でも、気がついたら、世間の水はどこも苦いようなのだ。
だったら、ここの水は知らないうちに相対的に「甘い水」になったのだろうか。

でも、やっぱり、自信をもってこっちにいらっしゃいとはいえない。
ここで「翻訳志望者や学習者の方々と楽しく語り合いたい」とも思えない。

私は翻訳者としてはずいぶん平坦な道を歩いてきたのだし、なんだかんだと偉そうなことを言っても、夫の収入というセーフティネット持ちだからね。そういう甘ったれた立場にいる私が、自分を基準にして、これ以上、何を偉そうなことを言えようか。

私は、みなさんにこちらにいらっしゃい、翻訳は楽しい仕事だよなどとは、口が裂けても言いません。
(なんか書いてたら、つらくなってきた。Sharonさんのブログへの書き込みといい、私、最近暗いでしょう?)
[PR]
by ymznjp | 2010-04-26 17:37

金曜日にきつい納期の仕事を納品した後、まだ月曜日納品の仕事が残っているのに、
緊張感が緩んだせいか、ちっとも仕事が進まない。
夕食後に根をつめてやれば間に合いそうだと思うとつい遊んでしまう。
最近は受注量が減ったので、それとは別に火曜日納品で中訳のチェックも請けている。
このキビシイご時世だというのに、住所の転記ミスだとか凡ミスが結構みつかる。

こういうのを見ると、腹が立ってくることがこれまでは多かったのだが、
何だか今は妙にほのぼのとした気分にさえなってくる。

何て言ったらよいのだろう。
砂漠でオアシスというか。息をつく間もないあわただしい生活の中で、のんびりした猫の昼寝すがたを見かけた時のようというか。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-25 16:21

急に忙しくなって

先週の金曜日に新しい案件の原稿をもらい、
納期が長いのをいいことに、それをほったらかしたまま、
金土日とブラブラすごし、
月曜日は書道教室に行った。
その夜、他社から納期きつめの案件を受注して、原稿を見てみたら、
聞いていた話よりもずっと分量が多くて、それ以来、大忙し。
これを金曜日までに納品して、先に受けた仕事は急いで土日にやる予定。
こんなことになるなら、先週末からせっせと先に受注した仕事をやっておけばよかった。

でも、週末から来月の3日まで、また夫は出張らしいから、GWはのんびりできそう。
それを心の支えにして、今日も朝から深夜まで仕事しよう。

条件が悪い仕事は受けないで、生活を充実させようと、ついこのあいだ言っていたばかりなのに、
気がつけば、またこんな生活。でも、仕事があるって、ありがたい。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-22 08:45

IT炊飯器はご飯がおいしく炊けるという話を聞いていたので、これまで使っていた炊飯器がまだ使えるのに、買い換えた。

今までの炊飯器を捨ててしまうのはもったいないと思い、ネットでいろいろ調べながら、古い炊飯器のほうで煮物などの料理をすることにした。

作ってみたのは…。

肉じゃが、ブタ塊肉の煮込み、鶏肉と大根の煮込み、ポトフ、クリームシチュー、切干大根の煮物。

そのほか、デザートとして…。

かぼちゃプリン、大根もち、チョコレートケーキ…などなど。

どれもとても簡単にできた。
肉じゃがや切干大根などは、これまでは材料を炒めてから煮ていたが、炊飯器の場合は、炒めずにそのまま煮ても、煮崩れもせず味がよくしみ込んでとてもよいできだった。

この一週間、炊飯器クッキングが楽しくて、次は何を作ろうかとしょっちゅうネットを見たり、本をみたりしていた。

これからは、仕事をしながら、火加減に気を配らずに、夕食の準備もできる。
それに、お出かけ時には、ご飯とおかずを一緒に炊飯器に任せてラクができるかも。

本当にお勧めです。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-16 12:45

あちこちの桜

9日は娘の入学式の日。
私と娘は別々に登校し、別々に下校。
ホールでの式が終わると、集合写真の撮影も、担任他、教員の説明もなく、あっさりと終わってしまった。中高一貫校ってそんなものなのかな。校門前で娘の写真を撮ろうと思ってカメラを持っていったのだが、そんなチャンスもなく、代わりに学校校舎前の桜の写真を撮ってきた。



先週金曜日の娘の高校入学式の日の学校の桜。
e0070452_1113441.jpg


昨日は午後からシャトーへ花を見に行く。そういえば、何年も花見になんてでかけていなかった。
自宅から歩いて10分ほどなのに、ここの桜を中に入ってみたのは確か2回目。いつも車で通りかかって外からちらりと見るだけだった。
薄紅の雲の上に浮かんだような時計台。


e0070452_11133591.jpg


そして今日はもう雨が降ってしまった。
今年の桜は冷たい雨の中で今次々と散っていることだろう。
来年の今ごろはどんな毎日を送っているかしら。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-12 11:19

この数日間、ずっと所用で忙しい。

息子の予備校入学のためのいろいろな用事も一通りすませた。
娘の高校進学のための制服のお直し、健康診断等もすませた。
私も4月からカルチャーセンターで習いごとをするための手続きをすませた。
それぞれの用事をすませるために外出するついでに、のんびりと外食をしたり、ショッピングをしたりして楽しんでいる。

このあたりの桜もようやく七分咲きくらいになったようだし、幸い明日の天気はよさそうなので、シャトー神谷にでも行ってみよう。

こんなのどかな春がこれまであっただろうか。
暇な春も悪くない。もちろん、忙しくなったらなったで、それも悪くない。
[PR]
by ymznjp | 2010-04-05 23:39