<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私はパソコンの脇においてある卓上カレンダーでスケジュールを管理している。
来月2月は、息子の試験だの、合格発表だの、忘れてはいけない予定がたくさんある。それを数日前に書き込み、カレンターは2月のままになっていた。今日の朝、なんとなく、それを1月に戻したところ、26日のところに「T(娘)、入学金引き落とし」と書かれているではないか。
えっ!!

でも、もう今日は29日。



学校の授業料は年払いにしてあるので、つい、もう今年度は払い込む必要がないと思ってしまっていた。
だから、25日に銀行に行った時も、授業料引き落とし用の通帳には入金していない。たぶん、残高は5万円くらいしかないだろう。

そわそわしながら、9時になるのを待って、学校の事務室に電話をし、どうしたらよいか聞いてみた。
結局、学校が2月に金融機関からの集計報告を確認した後、振り込み用紙を未納者に送るので、それで振り込んでくださいとのことだった。

それでようやくほっとしたのだが、最近、いろいろと間違いが多い。

息子の受験料を払い込みに行く時に、振り込みの明細を書いた紙を、リビングから玄関まで行く間でなくしたり…。
振り込みの控えをどこにしまったかを忘れて騒いだり…。
灯油を買いに行って、ちゃんとタンクを自分で車に載せたのに、
次に行った店で買い物をしている途中で「わっ。タンクを車に載せ忘れたような気がする。早く取りにもどらなくちゃ」と言いだして、「ママ、ちゃんと自分で載せたじゃない。見たわよ」と娘にバカにされたり…。

もう最近うっかりしてばかりいるのである。
娘には、「ボケ防止には、ぬりえがいいんだって。ぬりえやりな、ぬりえ」と言われている。
私の頭は別にボケていないと思うのだが、大人のぬりえ、たのしそうだし、やってみてもいいかなと思っている。
[PR]
by ymznjp | 2010-01-29 09:46

ある意味すごい映画です

昨日の午前中、納品をした後、息子の受験料を払いに行き、まだ昼までに時間があったので、
レンタルビデオ屋にいった。
そこで、「初恋の想い出」というなんともベタな題名の中国映画のDVDを借りたのだが、
これがなんとも。
中年のおばさんがこれをどういう表情で見たらよいのだろう。
男女2人が「ロミオとジュリエット」になりきって、
悲恋に酔うというハズカシイお話。
金網ごしに「ロミオとジュリエット」の本の表紙を見せたり、一緒に「ロミオとジュリエット」(布施明の元奥様のあの往年の名作ね)の映画をみたりして、「私たちみたい」などと言い、あっちのセカイに行ってしまった目で見つめあったりするのである。
「やめて、やめて」と思いながら半分まで見たが、もう限界。
このまま返してしまおうかな。
男のほうが外国に行くことになって、いったん別れるのだが、この先、映画の内容はちっとは洗練されたものになるのだろうか。
今どきこんなものをどんな顔をして企画したんだろうね。
興味がある方は、苦笑しながら見てください。
それと、会話がそれほど難しくないし、聞き取りやすいので、勉強用にはよいかも。
[PR]
by ymznjp | 2010-01-26 09:38

いろいろあって

一時期、取引先も減って、受注も低迷していたが、
最近、新しいクライアントや翻訳会社から、それぞれ続けて受注した。
単価は下げていないが、案件の難度は高まっているようだ。
どれもこれも厳しい内容ばかりだが、レートを下げたら、気持が折れて仕事の質を保てなくなってしまうような気がする。

今日、ある翻訳会社を訪ねて、そういうことも含めて愚痴をたれてきてしまい、
後から恥ずかしくなってしまった。
そのとき、原稿も受け取ってきたので、せめて訳文の質だけでも恥ずかしくないものにしたい。

そのほか、息子のセンター試験も終わった。
今年は、大きな波乱が起きて、模擬試験で安定的によい点数をとっていたような受験生が、
予想もしなかった低い点をとってしまう例もたくさんあった模様。
うちでも、自己採点の点数を知って、私も息子も青くなったが、今日、各予備校から、
志望校別の予想足切り点が公表されてみると、予想外にそれも低くなっており、
ようやく胸をなでおろした。

これから、1カ月半くらいは、こういう一喜一憂の日々が続く。
もう息子より、私のほうが心が折れそう。
このところ、ブログの更新が滞ったのもこういう事情があったからだ。

落ち着いたら、細かく報告しようと思う。
子供の受験の様子などを保護者が逐一報告しているブログも世間にはたくさんあるようだが、
私にはそんな心の余裕などとてもとても…。
[PR]
by ymznjp | 2010-01-20 21:37

ミスした

ミスしてしまった。
これまでミスを出さないようにあんなにがんばってきたのに、一瞬の不注意で、このシリーズ初めてのミスをしてしまった。
くやしい~。

毎年、今の時期は、某所から学校の成績証明書の翻訳をたくさん受注している。
今日は特に集中的に来て、てんてこ舞いだった。
最後の一通を見ると、なんとなく見覚えがあったので、
先週受注したファイルのいくつかを開いてみると、
同じ学校の同じフォーマットの成績証明書があった。
「やった!これを利用しよう」
そう思って中身を見ると、別人なのに、なんと十いくつもある科目の3年分の成績が全部一緒。
一つずつ、数字を指で追って確認したが、本当に一つ残らず同じ成績だった。
こんなことってあるの?
呆然としながら、最初に書かれている名前のところだけを修正して、納品した。
「儲けた」と思ったのだが、納品してから夕食をとり、その後なんとなくもう一度原稿を手にとってみてみると、名前は最初の部分だけでなくて、文中にもう一箇所書かれているのに、そちらのほうの名前は修正し忘れてしまったことに気付いた。
電話を入れて謝罪し、再納品した。

一応、すべての部分を原稿と照らし合わせて確認してから納品したつもりだったのに、成績がすべて一緒だったことに驚いて呆然としていて見逃したのかもしれない。

それにしても不思議だ。中国ではこんな偶然があるのだろうか。
[PR]
by ymznjp | 2010-01-12 20:36