<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一息ついてきます。

明日から、子供2人と2泊3日で長崎に遊びに行きます。

この休みを取るために、1週間くらい前から、頻繁に仕事をいただいている翻訳会社には、
「留守にします」と知らせて、仕事が来ないように牽制しておいたのだけど、
「帰ってからでいいです」ということで先の仕事が入ってしまいました。

とりあえず仕事のことは帰るまで忘れて、一息ついてきます。
明日朝一番の電車で出発するので、これくらいで。では。

(ちなみに、今回、夫が行かないのは、出張続きで、自分から気が進まないと言ったからです。
私が仲間はずれにしたわけじゃありません。)
[PR]
by ymznjp | 2008-03-30 21:01

3月ももう終わり

花粉症に苦しんだ3月ももう終わり。
結局、仕事ばかりしていた。

今月納品の仕事が後1本残っているけれど、それはすぐ終わるだろう。

今日までやっていた実にやっかいな仕事が終わったのでようやく一息ついている。

文章自体はそう難しくもなく、専門用語もあまりないのだが、
エクセルにとてつもなく大きな図だの表だのが貼り付けてある。

エクセル嫌い。

見直しをするためにプリントするのも面倒だ。細切れになって、出てきた図をあれこれひねくりまわしているうちに時間ばかりが経ってしまう。
図中に書き込まれている文章の部分だけを、ワードに貼って推敲しようと思ったが、いったいどれがどの図から引っ張ってきたものか、どこからどこに繋がるのか、もうしっちゃかめっちゃか。

一応、きちんと訳して、エクセルに貼り戻したつもりだけれど、ミスがありそうな気がする。
明日もう一度、貼り付ける場所を間違えていないかどうか確認しなくてはならない。

私が仕事でどたばたしているうちに、息子は一人で仕度をして出かけていった。
今日は都内に泊まるとのこと。
息子たちの学校の演劇部が勝ち残り、四季劇場で開催する大会に出るらしい。
何にもしてやらなくて、ごめんと心の中で思う。
でも、いつのまにかずいぶんと親離れしたものだ。

もう私があれこれかまわないほうがよいのかもしれない。
親の役割もだんだん終わっていくのだなとこのところしみじみと感じる。

(でも、お金がかかるのは、これからが本番)
[PR]
by ymznjp | 2008-03-27 23:59

この本、買ってみた

先週の日曜日か、土曜日に、朝日新聞に載っていた小さな公告に目が留まった。

「画像からすごい『気』が出るDVDブック」。

「世界初、見た人の体が動きだすDVD付き。意志とは無関係に体が動きだす!
その動きこそ悪いところを治そうとする『自然治癒力』だ。」
なのに、価格は1400円也。

画像から出る「すごい『気』」っていったいどんなものだろう。
この価格で体験できるなら、ものは試しである。

さっそく、アマゾンで注文。

子供たちと一緒にみる。

DVDでは、まずいろいろな説明だの、体験者の話だのがある。
そして最後に、ついにこの本の著者が気を送る。
10数分あまり、著者が手をひらひらさせて気を送るのを見ていたが、結局、「気」が出ていたのかどうか、分からなかった。

すぐに気が感じられるかどうかには、個人差があると本には書いてある。
でも、毎日、こんなことやっているヒマないもんなあ。

と、いうことで、このDVDからでる「気」のすごさは、そんなものだった。

まあ、1400円だし。子供と私の3人で、ちょっとワクワクできただけでも、元を取ったかもしれない。
[PR]
by ymznjp | 2008-03-22 20:23

いつ帰ってくるのだろう

朝、起きると夫が出かけていくところだった。

そうだ。今日から、また中国に出張に行くと言っていたっけ。

でも、帰ってくるのはいつだろう。
確か、出張のスケジュールについては、先週、言っていたようだけど。
適当に聞き流してしまった。

娘と息子に「パパ、いつ帰ってくると言ってたっけ?」と聞いたが、
だれも知らない。

たぶん、今週も不動産の管理会社などから、夫あての電話がかかってくるだろう。
それに、昨日、車も買ったらしいので、そのことでも電話がかかってくるかもしれない。


「ご主人はいつご在宅ですか」

「さあ、出張中なんですけど、いつ帰るんでしょうねえ」

という妻ってやっぱり変?
[PR]
by ymznjp | 2008-03-17 11:42

結局こうなってしまった

仕事はそこそこの分量を維持し、余裕を持って生活しようとしていたのだけれど、
結局のところ、仕事がぎっしりと入ってアップアップしています。

本当にこうならないようにしようと思ったばかりなのに。
どうしてこうなってしまったんだろう。

今年も気がついたら、春が去り、夏が去り…。
ということになるのだろう。
それって幸せなんだか、不幸なんだか。
[PR]
by ymznjp | 2008-03-09 23:52

万事休す

先週から、花粉症の症状がでて、薬を飲んでいる。
だるくて、眠くて、仕事がはかどらない。
昼ごろ、ちょっと眠ろうとしたら、ずいぶんと眠ってしまう。
夢の中では、スナフキンが出すなぞなぞに答えていた。
もう少しでちゃんと答えて、スナフキンからお褒めの言葉をいただくところだったのに、電話が鳴って、リアルな世界に引き戻された。

3月まるまるいっぱいかかる仕事を引き受けてほしいとのこと。
1社からそんなに引き受けたら、他の取引先の仕事は当分断り続けることになってしまう。
仕事をしたいとか、したくないとかよりも、断り続けることがつらい。
「半分だけなら」と答える。

それに…。
確定申告もしていないし。3月には子供の春休みもあるし。
体調だってすぐれないし。
2月は忙しかったので、モチベーションはがた落ち。
だって、考えてみたら、私がそんなに働く意味なんてないんだもの。

先日、翻訳フォーラムを覗いたら、「翻訳を収入を得るためのものとしか思えなくなったら、引退時期か」(そのままの表現じゃないけど)みたいなことが書かれていたが、それだったら私なんて最初から「引退時期」だ。

(だけど、翻訳なんてそんなにたいした仕事だろうか。
まあ、私なんか収入以上のものがなんだかんだというほどの仕事をしているわけじゃなし)

みなさん、立派なのね…。
[PR]
by ymznjp | 2008-03-03 23:45