<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夢を食い物にする人たち

昨日は、仕事を休んで、近所の人とおしゃべりしたり、動画を見たりしてすごした。

以前は、こういう休みには、子供や夫に頼まれた片付け物をしてすごしたが、最近はそういうものはもう自分でやってもらうことにした。
ただ、娘の学校では、通学途中で、決められたもの以外の買い物はしていけないことになっているし、帰りも遅いので、そこのところは考慮している。

こういうことで、いつも、子供とではなく、夫との間で摩擦が起こる。
子供は成長するにつけて、だんだんにラクになるが、夫はダメだ。
一番の赤ん坊だ。すぐプリプリと怒る。私よりも暇なのに、どうしてゴロゴロしながら、人を使えるのか神経を疑う。


そうやって、雑事を押しのけて、昨日見たのは、この動画だ。

ずっと以前に「コールセンターを中国に移して、人件費の削減を図る」という報道を目にした時、「客商売なのに、きちんと応対できる日本語を話せる中国人がそんなに中国で集まるのだろうか」と思っていたが、結局、中国で中国人並みの人件費で日本人を使うということだったらしい。

日本国内でなら、最低賃金が定められているけれど、海外でなら、そんなものは考慮しなくてよいし、本当に企業にとってはうまい抜け道だ。
経団連会長が「そうしなければ、海外との価格競争でまける」というようなことを言っていたが、それで企業は勝ち残れるのかもしれないが、働く人たちの人生はめちゃくちゃになってしまう。
そういうことを考えないで平気でいられる厚顔さにあきれる。

それにしても、この人たちの人生はどうなってしまうんだろう。
30歳前後のこの人たちが、なんとかキャリアをつめたとしても、その後、日本で職がつかめるのか。
結局、帰るに帰れなくなってしまうのではないだろうか。
もし、中国国内でまともなキャリアを積むことさえ、できなかったら…?
他人事ながらぞっとする。

そして、息子や娘が育っていく将来がそういう落とし穴に満ちたものであったらと思うと他人事でもいられない。

現状では、「語学」や「海外経験」を将来につなげられるとは限らない。
そういうものにこだわったり、すがったりすることで、かえって将来を見出せなくなる人のほうが多いような気さえする。

この人たちのように、行くも帰るもできない瀬戸際に追い詰められようとする人たちが出かねないことを、知らないわけではないだろうに、「夢」を見させて、自分の商売のネタにする人たちの心中とはどういうものなのだろうか。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-31 08:20

お買い得な学校

昨日、本屋で、プレジデントファミリーを手にとって眺めていた。

相変わらずな雑誌だな、と思うのだが、なぜか気になる。

「お買い得な私立中学校」という特集に、うちのそばにある中学校が取り上げられていた。
「入学時の偏差値が低いわりに、東大などの難関校に入る子の数が多い」ということらしい。
確かに数字の上では、そうなる。
だけど、だからと言って、「それほど優秀な子でなくても、大きく伸ばして、難関大学も狙えるようにする学校だ」ということになるのか。

もちろん、そうはならない。私は田舎に住んでいるから、そのあたりには詳しい。

うちのあたりでは、私立中学を選ぶのでも、選択肢が少ない。
だから、都内や神奈川県のように、細かく輪切りにされた子供たちが入学してくるわけではない。

つまり、上と下との幅が広いということなのだ。

都会ならば、当然、御三家なども狙える層も入る一方で、そのずっと下の層まで合格する。

そして、もともと高偏差値で入った優秀な子は当然、難関大学に入り、その下の層は、それなりの大学に入る。

だから、入学時の偏差値が平均程度の子が、教育の結果、難関大学を狙えるようになるわけでななく、もともと入学時に優秀だった子がそのまま難関大学に入るというのが実情だろう。

そういうことを思うと、こういう雑誌の内容は、やっぱり底浅いのかもしれないし、そう簡単に信じてよいわけでもないのだろうなと思ったのだった。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-29 22:05

やった。ブタ、ブタ。

Yumiさんのブログで見た家紋を作成するサイトに、自分の生年月日と名前を打ち込んでみたら、出てきたのは、「子豚」紋。うはは、かわいい、かわいい。ブタ、大好き。
つい、最近もブタのブレスレットを買ったところ。
しかし、ブタで喜ぶ私って…。

「好奇心旺盛で非常に愛嬌のある子豚紋のあなた。芸術的センスなど天才的な才能を秘めている可能性もあります。何事にも整理整頓が得意で几帳面な所もあるようです。」
と書かれていたが、これは当たっているかどうかわからない。
少なくとも、仕事机の上は、ぜんぜん整理されていない。

e0070452_2045495.gif

[PR]
by ymznjp | 2007-10-29 20:45

知らなかった…

金曜日、抱えている3本の仕事のうち、1本が仕上がったので、納品する。
後2本は、見直しをするだけなので、久びさに図書館に行ってみた。

最新のAERAを手にとってめくっていると、次のようなことが書いてあった。

「相手が難関大学の卒業生であるので、龍のバックプリントがついているようなティーシャツを着るような男性でも、はずかしいと思いつつつきあった」(原文のままではない)



うちの息子は着るものについて文句を言わないので、私が適当にそこらへんのスーパーなどで着るものを買っている。たしか、「龍のバックプリント」もあったような気がする。
息子も平気でそれを着ていたけれど。

でも、「龍のバックプリント」がついたTシャツって「恥ずかしい」ものなのか。

知らなかった…。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-27 21:04

CWを購入した

CW V9を購入した。
何年も、V5を使っていたのだが、あまりにも古いバージョンで、今のOSに対応していないのかエラーばかり出るので、もうそろそろ買い替え時かと思ったのだ。

案の定、いらない機能ばかりついていて、最初は無駄な買い物をしたような気がしたが、
結論から言えば、買い替えてよかった。

それは辞書が格段に使いやすくなっていたからだ。
データの原稿があれば、調べたい単語を辞書にドラッグしていくことができるようになったし、辞書の中の訳語をコピー&ペーストすることもできるようになった。
それに複数の辞書を串刺し検索することもできるようにもなった。

何だか、辞書のために、これを購入したような感じだが、それでも、毎日使うので、それだけでも元がとれたと思う。

でも、困った点がある。
中国語入力から、日本語入力に切り替えようとすると、なぜか、日本語入力に切り替わらずに、ヘルプのウィンドウが開いてしまうことがある。
同じように操作して、切り替わる時もあるのだから、操作の間違いではなくて、ソフトのほうに問題があるのだと思う。

高電社に問い合わせてみようと思ったが、ちゃんと説明するために、マニュアルを開いてバーやボタンの名称などを調べるのが面倒くさいので、「困った、困った」といいながら、そのまま使い続けている。
こんな書かなくてもよいブログを書いている間に調べればよさそうなものだけど、ついいつものごとく、やらなければならないことをやらずに、うだうだと時間を無駄にしている。しょうもない。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-25 09:51

共感できない私

火曜日は生協の配達の日。

いつもそこに行って、井戸端会議に参加する。

たいてい、「ダメな夫の話」、「勉強しない子供の話」、「学費の話」、「パートの人間関係」などが話題に上がる。

でも、その話題にあわせることができなくなっている自分に気が付いた。

「ダメな夫の話」。うちの夫もダメな夫だ。でも、どんな夫であろうと、私はもう自分とは切り離して考えているので、すでに「悩み」にはならない。

「勉強しない子供の話」。うちの子供はそこそこ勉強しているし。

「学費の話」。何とかなりそうだし。もともと分不相応な学費の高い大学には行かせない予定だし(私大の医学部とか、薬学部とか)。
 
「パートの人間関係」。一人ぼっちで仕事しているし。

みんなと共通する悩みがないのが、悩み。孤独だわな。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-24 00:13

残念

今日は朝から打診の電話があった。
概算で100枚くらいあるようなので、心を入れ替えて仕事に励まなければならないと思った。

今月末までに、試験の採点もしなければならないし、これでぎりぎり。

午後一番で、また他の会社から打診の電話。
そこはレートが飛びぬけて高いので、断りたくなかったのだが、スケジュールに余裕がないので断ってしまった。

その後、朝、発注のあった会社から電話がある。
どうも、私、指示を読み間違えたみたい。
ファイルのうち、指定した部分のみを訳してほしいと朝のメールに書かれていたのに、ちゃんとそれを読んでいなかったようだ。
結局、その案件は多く見積もって40枚くらいのようだ。

ああ、残念。だったら、どちらの仕事も受注しておけばよかった。
でも、うかつな自分が悪いんです。悲しいわあ。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-22 15:13

人並みの悩み

先週の火曜日に最後の納品をしてから、この土日まで仕事を休んでしまった。
もともとそういうつもりでいたのだが、いざ、仕事を休むことになると、寂しくてしかたがない。

仕事がなければやることはたくさんある。
一応、あれこれの大物の洗濯は片付けた。でも、それ以外のしなければならないことは放り出し、暇つぶしをして、時間を浪費してしまう。
そうでなければ、疲れもとれないだろう。

でも、時間ができた途端、自分にも人並みの悩みがあることに気づいてしまった。

「仕事をしているから、無茶な生活はできないし、悩んでいる暇もない。忙しいからこそ、健康でいられるのだ」と誰かが話していたのを思い出す。本当にその通りだ。


このほんの数日の暇な時間にも、もやもやと絶えず悩みが頭をもたげてくる。
この時期、2人も思春期の子供を抱えていれば多少の心配ごとがあるのも当たり前のことともいえるのだが、あれこれ考え出すとキリがなく、どっしりと構えてもいられなくなる。
どれも、仕事をしていれば気がつかずにいたことだ。気がつかないなら、気がつかないなりにすんでいたことでもあるし、私があれこれ子供に働きかけたとしても、結局はどうにもならないことも知っている。

そういうことが分かっていても、ひたすらに堂々巡りの考え事をしてしまうのである。

それに追い討ちをかけるように、やらなくてもよいパソコンのキーボードの掃除をして、キートップをとめているツメを折ってしまう。はめ込んでみると、何とか普通に使えるので、とりあえず、しばらく様子を見ることにした。
キーボードを取り替えるとなると、しばらく修理に出さなければならなくなるし、前回と同様なら2万円近くの出費になるだろうから。

そういういうわけで、
今日からは、ほうっておいた仕事をすることにした。
暇だとろくなことがありゃしない。

*というわけで、暇になったら、たっぷり眠ろうと思っていたのに、かえってこの数日、不眠気味でした。それで眠る前にこの曲をきいていました。モーツァルトの曲の中では一番好きです。)
[PR]
by ymznjp | 2007-10-22 08:50

男になるつもりかよ

今日と昨日は、駅ビルに入っているお店が会員限定で2割引きになるので出かけていった。

自分用のズボン2本とパーカーを買う。
パーカーはいくつも持っているが、黒ばかりだったので、明るい色のを1つ買ってみたのだ。
私の服は黒とグレーが多くて、娘には「魔女みたい」と言われている。
このイメージを変えなくては。だんだんと年をとっていくわけだから、顔色がよく見える服を着るようにしよう。私の母は年をとってから、だんだんと派手好きになったが、その気持ちが分かるような気がする。
でも、どこかで歯止めをかけなければ。まちがっても「大阪のおばちゃん風」になってはいけない。

うれしいことに、このところ鍛えているせいか、サイズが1つ小さくなっていた。

明るい気分になって家に帰る。こういうふうに成果を目の当たりにすると、ますます毎日のエクササイズがやめられなくなる。

夫が帰ってきたときにも、うれしくなって、筋肉で硬くなった腕を触らせてみる。
夫は興味なさそうに、
「なんだよ、男にでもなるつもりか」
と言う。

別に、私は別に男になんかなるつもりはない。(こんなことでなれるわけもないよ)
女にもなりたくないけど。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-18 20:46

ワンパターン

土日はようやく仕事を休むことができた。

土曜日の午前中に、クリーンセンターに娘の自転車とプリンタを捨てに行った。
その後、子供2人をつれて、映画(「サウスバウンド」)を見に行き、ついでに食事をしてプリンタも買って帰ってきた。
家に帰ってから、夜は「麦の穂をゆらす風」のDVDを見て、寝る。すさまじく暗くつらい映画だった。こりゃ、眠れないな、と思ったが10時間熟睡。

日曜日の今日は、生涯学習センターで、娘の学校の高等部を含む5つの団体の演劇部の公演があったのでそれをまた子供2人と私で見に行った。まったくうちは母子家庭かよ。

息子の学校の文化祭でも演劇をみたが、こういうのって最近はワンパターンのような気がする。

「いじめなどで心が傷つく」→「異次元に飛ぶ」→「何かに気づく」。
十中八九そのパターン。

そして、その気づく「何か」もだいたい同じ。「世界にひとつだけの花」みたいに、「自分のかけがえのなさ」だとか、「両親や教師の愛」とかそういうもの。

今日見たものもまさしくそういうもので、しかも「異次元」→「何かに気づく」の部分が木に竹をついだように、うまくつながっていない。
いったいどうしてあの経験が、こんなとってつけたような「気づき」につながるのだろうと狐につままれたような気分になる。首をかしげながら、みなにつられて拍手して帰ってきた。

でも、「いじめなどで心が傷つく」→「異次元に飛ぶ」→「何かに気づく」のパターンを使えば、案外私にもシナリオが書けるかも。やってみようかしらん。

そう思いながら、結局また忙しい日常に流されながら、十年一日のごとく仕事をして毎日がすぎていくのだろう。
本当に、ある日、気がついたら、どこか「異次元」に飛んでいけるといいのに。そうして、「何か」に気づいて、アッケラカンと「世界に一つだけの花」でも歌ってみたい。
[PR]
by ymznjp | 2007-10-14 23:13