<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

やってもやっても

昨日は2件納品。今日も1件納品。
毎日、毎日、追加が来て、あと残っているのは、今のところ、来週あたま納品2件、来週末納品1件、11日納品2件。

それに加えて、お天気も蒸し暑くなってきたし、何だかもう疲れてきた。

来週、夫は上海に出張らしい。その間は、食事つくりの手を抜いて、せっせと作業するつもり。
この山を越えたら、もうそろそろ夏休みか。

ひー。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-29 15:44

ディーラー車検

明日納品、あさって納品、来週月曜日納品と、毎日納品が続く予定です。

今日、車検もすませました。


夫は自分の車をいつも車検に出している安い整備工場に出せばよい、と言っていましたが、そんなところには出しません。
ちょっと割高だけれど、ディーラーで車検を受けました。
ついでに次の車検までにオイルやラジエーターの交換、整備などを「お任せ」でしてもらえるサービスパックにも入りました。

そこらへんの安い整備工場で車検を受けて、車に何かあったときにケチで小うるさい夫に口出しされるのがいやだからです。
もうこれからは、私の車のことはすべてディーラーにお任せ。
夫に相談するよりも、ディーラーの営業さんに相談したほうが、ずっとラク。
文句も言わないし、親切だし。
情で解決するよりも、金で解決。

ま、年に数千キロしか乗らない車なんだけどね。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-27 22:11

仕事は相変わらず忙しい。
でも何とか予定通りに進めることができた。
そして、仕事以外でも次から次へとドジ。
それでなくても多い今月の出費をさらに増やしてしまった。

詳しく書こうと思ったが、気力はもう使い尽くした。

まともに体の器官が働きません。
さっきから夫が見ているNHKの番組で何度も「ロリータ」というのが聞こえ、「NHKでロリータネタ?」と不思議がっていたら、「フリーター」の聞き間違いだった。

もう意識が危険水域に達しているみたい。寝よ。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-24 00:02

見てみた

近所の人たちに、うちの娘は「瑠璃の島」の女の子に似ていると何度か言われたことがある。

いろいろなトラブルがあったせいか、気持ちが落ち着かず、仕事をする気にならないので(そろそろやらないと、本当にヤバイのに)、今頃になって思い出してネットでその子を見てみた。

なるほどね。わかる、なんとなく似ている。
でも、うちの娘は、こんなにかわいくないなあ(しかたない、わが娘だもん)。
表情がいつもブンむくれているし。

せめてもう少し機嫌よくしていれば、もう少し見栄えもよくなるのにな。
でも、それができないのがうちのバカ娘なんだわ。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-20 10:44

重い!

とうとう来た。

「住民税」の請求が。

私ごとき零細業者がどうしてこんなに払わなければならないのか。
…と、一気に気持ちが沈む。

がんばればがんばるほど、うちの中でも、外でも、どんどん重荷を背負わされていくような気がする。

きっと、こんなに税金を払わなければならないのは、納税する人が減っているのも一因だろう。
だからと言って、扶養に入ったままパートやフリーターで働く人たちが悪いわけでもないだろう。

彼らのほうがたぶん、私よりも、割を食っているに違いないから。

あれこれと逡巡しても、ストレスが蓄積されるだけ。

目をつぶって払ってきた。

勤労意欲なくなるな。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-20 08:38

男の子はたいへんだ

手持ちの仕事がわずかになってきたので、今日は娘を眼科に連れて行った。
検査の結果、メガネのレンズを換えることになった。これでうちは家族そろって視力が0.1以下のド近眼家族になった。仕方がないことだ。

合間に、息子の学校で配られた前年度入試の合格体験記を少しずつ読む。
私がかつて通っていた神奈川県の公立高校は地域では進学校として知られていたが、学校は生徒を放任しているだけで、ろくに学習や進学の指導をしていなかった(ような気がする)。

だから、私は公立高校にまったく期待していなかったし、息子にも本当は娘と同じ学校の高等部に入ってほしいと思っていた。

が、予想に反して、息子の学校ではしっかりとした厳しい指導をしているようだ。
それに加えて、古きよき伝統校の雰囲気もあって、この学校に入れてよかったと思うようになった。

合格体験記にも、先生とともにがんばった麗しい軌跡が見え隠れして、ほんのりと暖かい気分になった。

そして、もう1点、気がついたことがある。
女の子の手記と男の子の手記ではまったく違う傾向があるのだ。
女の子は地道に学習を重ねたことが分かるような書き方をしている。
でも、男の子は何かはぐらかしているというか、脱力しているというか、そんな書き方をしている子が多い。

息子にそういうと、「それはそうだよ。ものすごくがんばって勉強したなんていうと、『おまえの必死は○○大学かよ』(ここには具体的な大学名が入るが、あえて伏字)って言われちゃうからさ」

ふーん、男の子はプライドがあるからね。
こんなところでも気を使って、たいへんなんだな、と思った次第。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-16 22:44

わからない

WHYさんのブログで、中国人と日本人の羞恥心の対象の違いが書かれているけれど、
ほかにもよくわからないことがある。
娘が通う学校は中高一貫の進学校で、教育熱心な家庭の子が多く、中国人の子供も多い。

娘のクラスにも、中国人の子供がいて(うちの娘ではない)、その子はなんと1週間に50時間もの自宅学習をしているそうだ。
子供の自宅学習と残業では、性質が違うのだろうが、もし、残業月200時間だったら、過労死してもおかしくない時間だと思う。
それを聞いて、私は胸が痛くなった。
土日に10時間ずつ勉強するとして、平日5日間で30時間。
どのようにその30時間の勉強時間をとるのか、私にはいくら指折り数えてもわからない。

その子の両親とうちの夫は、入学前の登校日に知り合いになったらしい。
彼らの話を聞いていると、「絶対、医学部に入れる」、「上位の成績がとれなかったら、すぐさま塾にも入れたい」とのこと。
子供の教育のことになると、彼らは実に血の気の多い発言をするのだ。

また、娘の学校では駅から徒歩で通学することを薦めている。片道30分弱。
うちの娘は運動嫌いなので、それくらい歩くのもよいかな、と私は思った。
でも、例の子の両親は、「かわいそうだから、バスで通わせる」とのこと。

うーん。やっぱり、こういう感覚ってわからない。
「毎日、往復60分歩く」のと、「1週間50時間の自宅学習」とどっちがかわいそうなんだろうな。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-15 10:27

どらちゃんさん。おはようございます。

「無理しないで、早く休んで」と、言うだけうちの夫よりずっとマシです。Haruさんのブログを読んでも、うちの夫よりはずっとマシかなといつも思います。

私は根が頑丈なのか、朝から晩までずっと家事と仕事をしても、疲れはしても、病気らしい病気をしたことがありません。
だから、夫は私がずっと働いていて、病気もしなくても、当たり前だと思っているんでしょう。

今は仕事が忙しいので、お金で済むならお金ですましたい、と思うことがたくさんあります。
でも、「花うさぎがやれば、タダだから、よそに頼むな」と言うのです。まったく腹がたちます。子供の弁当なども外で買う手立てがあるのですが、「子供の弁当くらい、作ってやれ。母だから当たり前」と。

夫自身、母から弁当作ってもらったことなどないはずだし、夫の実家の家族の女性たちもそういうことをやるような人には見えません。
でも、「自分がそうでなかったから、子供をだいじにしてほしい」と言うのです。
身勝手もいいところですね。なぜ夫の親の借りを私が返さなければならないのでしょう。忙しいのは、私も夫も一緒なのだから、たまには、夫がやればよいとも思うのですが、まともな弁当なんて作れるとは思えません。
それにそういうことを言うなら、どうして自分がもっと普段から子供に関わらないのだろうとも思います。
結局は、理想ばかりがあって、それを実行するために自分が骨を折るのはいやなんでしょう。

何だか、私のブログを見ている人たちには、「ダーリンは外国人」みたいなほほえましい様子を思い浮かべている人もいて、それを期待しているのかな、と思うメールをいただいたこともありますが、実態はぜんぜん違います。

どらちゃんさん、すみません。お返事ではなく、愚痴になりました。(というか、書き出したら、愚痴がとまらなくなりました)


(字数制限があるので、こちらに書きました。あしからず)
[PR]
by ymznjp | 2007-06-14 09:55

今日の朝、この1週間、汗水たらしてやってきた仕事を納品した。
明日納品分もわずかに残っているのだが、たった2枚程度なので、少し気持ちが楽になる。

火曜日は午後に生協の商品を取りにいくことになっている。
今日は時間があるのでついつい長い立ち話。

思春期の子供がいる家庭にはどこも問題が山積している。

受験のこと。心の問題。そして何よりも、中高生の子供、特に高校生は普通に生活させるだけでも本当にお金がかかる。

うちの夫もそうだけれど、どこのオヤジもこういうときには当てにならない。
せめて男の子のサポートだけでもしてくれればいいのに。
男の人は逃げ道があるから、逃げてしまうのだ。
それも、みんな自覚しているのかどうかわからないが、妙に自分を正当化する。
それがいかにも見え透いていて、うんざりする。…というのが、みんなの意見。

まあ、女性のほうだって、男性からみれば、いろいろ文句の付け所があるのだろうけれど、
私も女だし、母の側の苦労だけでいっぱいいっぱいで、夫のことまでは気を回すだけの度量はない。かくして、女ばかりが集まって、夫の文句を言いたい放題し、溜飲をさげる。
なんだか浅ましいけれど、そうしなければやってられないわ。

家にもどると、試験が終わった娘がソファに寝そべって、「らんま1/2」を読んでいる。
「ママ、サディストって何?」
「ママ、ロリコンって何?」
もう変な言葉ばっかり聞かないでよ。
娘の相手をするのが面倒なので、自分で調べるようにと2~3年前にドラえもんの国語辞典を買い与えてある。
あれには、載っていないのだろうか。そうだよね。きっと載っていないのかも。
何とか適当に答えたが、もうこういう対処のしかたがわからないことばかり起こって、普通に子供を育てるだけでも、実に面倒ばかりなのよ(もちろんこれは序の口だ)。
夫にはわからないだろうけど。
[PR]
by ymznjp | 2007-06-12 22:43

朝練つらい

実は、またずっと仕事漬けの毎日を送っている。
片付かない仕事にいらいらし、引き合いを断ってはいらいらしている。

それに若干生活が乱れ気味。
仕事はやはり夕食後から就寝時間までがはかどるので、できれば就寝時間を早めたくない。
それなのに、今年から運動部に入った息子が朝練だのなんだので早く出かけていく。
朝、適当なものでも何か食べさせなければならないし、弁当も持たせなくてはならない。

それがつらい。朝おきてしまえば、私の場合は二度寝はできない。それで午後からは眠くていらいらしながら仕事をしている。途中で数十分眠るが、それでもはかどらない。

この生活を早く何とかしなくちゃ。子供がスポーツをやるというのは、親にも大きな負担が来ることだとは、うかつにも今まで気がつかなかった。(他の人はみんな知っていることかもしれないけれど)
[PR]
by ymznjp | 2007-06-10 15:52