<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

朝から躓く

今日は、いつも通りに仕事をするつもりだった。

さあ、仕事に取り掛かろう、と思って、パソコンを立ち上げ、昨日打ち込んだ訳文をプリントしようとしたら、インク切れ。

家の用事をしながら、店が開くのを待ち、娘を連れてカートリッジを買いに行く。
一度家を出てしまうと、なんとなくすぐに帰宅するのももったいないような気がして、そのままぶらぶらとあちこち出歩く。

昼ごろ、家に戻って、食事をしてから仕事をしようとしたが、以前に作成した訳文を参考のためにプリントすると、なんとどうしてそんな訳をしたのか我ながら首をかしげるような箇所を2箇所も見つけてしまう。あのときはスケジュールに余裕がなかったのだが、それにしてもとんでもないカンチガイ。今度の仕事はこの仕事の上に積み重ねる形でする仕事なので、この昔の仕事の誤訳を自己申告しなくてはならない。

そのショックで、午後からも仕事が手に付かなくなってしまう。
気分を紛らわすために、用事をでっちあげて、隣家の奥様に電話するが(私って迷惑なやつ)、近所つきあいの話をしているうちに、さらに気分が滅入ってしまう。

夕食後、仕事を再開しようと思っていたが、結局、この時間まで何もしなかった。
今日はもうだめだ。明日、挽回できるといいけど。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-28 23:23

よくばりな犬

今日も1件の引き合いがあったが断った。
受ける仕事よりも断る仕事のほうがずっと多いような気さえしてくる。
今日連絡があった案件は分量が余り多くないから、やれるかもしれないと一瞬思ったが、先月受けたやたらにやっかいな技術文書のような代物だったら窮地に陥るかもしれないから、慎重になってしまった。

とにかく早くこの仕事を終わらせよう、と気持ちばかりが焦るが、些細な箇所にいちいちつまずいてしまう。そんな細かいこと、私以外は気にしないかもしれないのに。
一種の病気かも。

この仕事が終わったら、次の仕事が入っている。一旦連休前の仕事が片付いてから次の仕事を受けたほうがよいのかもしれない。

こんなことを考えていると、なんだか自分がイソップの話に出てくる欲張りな犬みたいに思えてくる。
もう肉を加えているのに、もっと肉がほしくて思わずほえてしまいそうだ。
せめて犬よりは賢くならなくては。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-26 22:42

今回の仕事は先が見えてきたが、3回に分けて分納することになったので、時間をうまくわりふりして他の仕事や用事に割り当てることができない。

今日は娘のクラスが市のホールの音楽会に出るのだが、来週末に学校で開催する音楽会と演目が同じなので、行かないことにした。それで朝から娘に謝る。

その後、別々の会社から2本の仕事の打診があったが、それも断ることにした。
それでまた電話の受話器を持ったまま見えない相手に頭を下げる。

朝からみなにお詫びばかり。
本当に私が2人いなくてごめんなさい。

なのに、夜はぼんやりとして時間をすごしてしまう。
こんなではいけない。仕事2本断ったんだから。娘の音楽会も見に行かなかったんだから。
こういうふうにうじうじ考えるのも毎度のこと。いいかげん疲れてきた。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-26 00:14

やられました

娘に落とされました。
2~3ヶ月前に買ったばかりなのに。
ここまで派手にやられると修理代もバカにならないし、毎日使っていたものなので、何日も修理に出すのはつらすぎます。

というわけで、ネットで安いところを探して新しいものを購入しました。悲しい。代金+送料+代引き手数料で2万5千円くらいの出費です。がんばって稼がなきゃ。
e0070452_18164366.jpg

[PR]
by ymznjp | 2006-10-22 18:16

昨日受注した仕事の原稿は昨晩中に受け取ることになっていたのだが、夜になって「明日になります」との連絡が来た。

そういうことなら、金曜日の早い時間に来るのかと思ったが、いつまでたっても連絡が来ない。
他社の仕事(それも大口らしい)を断ったのに、このまま立ち消えになるのではないかと1日気をもみながら過ごす。

そして夜になってようやく原稿到着。
最初に聞いていたのよりもずっと分量が多いので、納期も若干延ばすとのこと。
「大丈夫ですか」と聞かれて、「大丈夫です」と答えて電話を切ってから、今月末には試験の採点もあることに気づいた。納期は同じ。
でも、今回は件数も少ないことだし、めいっぱいがんばればなんとかなるだろう。

でも、これから10数日、めいっぱいがんばるのかと思うと、腰が引けてしまう。
11月の連休はその反動で寝て過ごすことになりそうだ。(そうできるといいな)
[PR]
by ymznjp | 2006-10-21 00:08

ああ、よかった‥。

昨日、やっと試験の解説を納品した。
結局、理系1科目の解説も作成することになって、最終的には中日3科目日中1科目となった。
こんなものはさっさとやってしまえばたいした時間がかからないのだが、なんとなくだらだらと毎日少しずつやっていた。
9月の末からあまり大きな途切れ目なく仕事が入っていたが、ここのところ小さな案件が続き、仕事の分量としては低迷していた。

しかし、今日朝、小さい案件が入った後、同じ翻訳会社からもう1件仕事があるので予定があいているかという引き合いの電話が入る。
その後、別の会社からも「大きい案件が入っているができるか」という電話が入るが、前の引き合いの回答を待っているところだったので、しかたなく断った。

その後、いつになっても、回答待ちのまま連絡が入らず、半日くさくさとした気分で過ごす。
同じようなケースでどちらもダメになったことがこれまでに何回かあったので、今回もそれだとまた数日間すっきりしない気分ですごすことになるんだろうと繰り返し考えてしまった。
でも、夜になって「正式に発注になりました」というメールが入っていて一安心。

このところ、ぼちぼちとしか仕事をしていなかったので、まだ本調子にはなかなかなれそうもないけれど、スケジュール的に余裕がなくなってくればそれなりにやる気も出てくるだろう。

とりあえずは明日納品の小さい案件を片付けなくちゃ。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-19 20:51

息子がボーズになったのを見て、私もやってみようかな、と思い始めた。

私の髪の毛は柔らかくてくせがあって、なかなかまとまらない。
きれいに整髪してでかけても、風が吹くとすぐぼさぼさになる。

だから、自分の髪の毛は邪魔にならないように短くしてしまって、ウィッグをかぶったら、いつでも簡単にきれいな髪形でいられてよいかもしれないと思ったのだ。
夏など、家にいるときにはボーズ頭になってうちわでパタパタ扇いだら快適だろうな。

さっそく、子供たちにどうだろうかと聞いてみる。

「ママのことだからさ、うっかりしてボーズ頭で宅急便受け取りにいっちゃったりして。」
「そうだよ、風で飛ばされたのに知らないで、そのままあちこち行ったりしそう。近所の評判になりそうだから、やめて。」

ふーん、そうなのかなあ。でも、ウィッグほしい。もう少し買うかどうか考えてみよう。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-18 00:01

ボ-ズ、ボーズ

このところ、軽い仕事しか入らないので、なんとなく毎日を過ごしている。
一応18日納品の仕事があるのだが、それはほったらかしにして(火曜日にやる予定)、証明書の翻訳だけをする。

息子が「床屋に行かなくちゃならないけど、面倒だ」と行っているので、「坊主になれば?そうすれば3ヶ月くらい行かなくてもすむし、洗うのも簡単だし」と言って送り出したら、本当に坊主になって帰ってきた。
「店のおばさんに坊主にしてくださいって言ったら、本当に坊主になった。」とぶつくさ言っている。それはそうだろう、当たり前だ。


とにかく、自分でなりかった坊主とは違う坊主になってしまったらしい。
これくらいの年齢の子は、いろいろと難しい。いったいどんな坊主になりたかったんだろう。

「駱駝祥子」ってこんな感じなのかな、ちょっとと思った。

e0070452_0162652.jpg
[PR]
by ymznjp | 2006-10-16 23:57

月曜納品の仕事は残りわずかになったので、夫を誘って久々につくばセンターに行ってみた。家から車でたった20~30分なのに、センターに行くのはもう2~3年ぶり。TXが開通してからは一度も行っていなかった。

センターには、おしゃれなお店も増えて、新しいマンションがいくつも建っていた。
こころなしか、道を行く人たちもおしゃれになったみたい。

私がつくばに住んでいたころは、つくばに住む母たちはたいていダイエーか、ジャスコで買った服を着て、自転車に子供を乗せて道をかっ飛ばし、公民館でカルチャーしていた。
どの家もお父さんの仕事は似たようなもので、収入も同じ程度だし、生活の中身も大差がない。ぜいたくや世間の流行なんて知らないし、知っていても、どうせ自分たちには手が届かないのだから、取り残されてもしかたがないと思っていた。
つくばマダムの生活は意外と質素なのだ。

狭い陸の孤島で、息がつまりそうだけれど、それなりに満足して落ち着いた生活をしていたものだ。

でも、今はTXで外界とつながり、外からいろいろな刺激がやってくる。
簡単に都会に出られるようになったし、子供を都内の学校にやる人も出てくるだろう。
これまでの「みんな同じでみんな質素」だったつくばの生活も変わっていき、心穏やかな生活も過去のものになるのかもしれない。

でも、やっぱりセンターの近くに住まなければ、事情は案外変わらないのかな。
どうなんだろう。(まあ、外に出てしまった私にはどうでもよいことだ)
[PR]
by ymznjp | 2006-10-14 23:51

情けない食生活

結局、今週末は新規の仕事が入らなかった。
なので、今抱えているわずかな仕事にも、力が入らず、1日パソコンに向かっていたのにあまりはかどらなかった。本当に、いったい今日一日何をやっていたのだろう。

今日は、神戸に出張に行っていた夫が帰ってくるので、張り切って(仕方なく?)野菜をたくさん使って夕食を作った。
しかし、冷蔵庫の中には3~4日前に作ったクリームスパゲッティが入っている。今日あたり食べなくてはならない。
そこで、家族には今日新しく作ったおかずを食べさせ、私はスパゲッティを食べることにする。
タッパの中で固まっていたスパゲッティは、レンジにかけてもパサパサでまずい。
そこで、今日作った麻婆豆腐をスパゲッティに混ぜて食べる。
何だかしょうもないもの食べているな、私。
これまで、私はこういうめちゃくちゃな食べ物を案外平然と食べてきた。
しかし、このところ、みなさまのブログに載る料理を見ていると、自分が食べているものが急に情けなくなってきた。もう少し、人様に見せられるような、まともな生活ができるようにしようと思った次第である。
[PR]
by ymznjp | 2006-10-14 00:27