<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は、息子ガ志望する高校の見学がある日。
夫に行ってもらうことにした。
朝見ると、カメラをバッグに入れている。

「今日、行ったら、学校で記念写真をとってくる」のだそうだ。

そんなの普通は学校に合格してからするんじゃないの?

こういうことに関しては、中国人は気が早いのだろうか。

夫に来る中国人の友人からの年賀状にはよく「うちの子供は来年私立の名門、●●校を受験するため、猛勉強中です。」とか、「妻は●●の国家試験を目指してがんばってます。」みたいなことが書かれている。

私はいつもそういうのを見ると、「この段階で披露するとは、強気だからなのだろうか」と疑問に思う。普通、日本人なら、合格するまではぺらぺらそんなこと言わないよね。そして、合格してからも、入った学校が名門であるほど、言い方が自慢そうにならないように気を配るだろう。

夫は今日学校見学が終わってから、出社するが、きっと遅れて出社した理由を聞かれたら、「●●高校を息子が受けるので、見学に行った」とみんなに話してしまうだろう。
合格してからも案外へいっちゃらでみんなに自慢してしまいそう。
それで、みんなに「やっぱり中国人は感覚が違うな」と思われちゃうんだよ。(別に構わないけど)
[PR]
by ymznjp | 2006-07-31 10:08

祭りが終わった

土日で、この地域の祭りが終わった。

土曜日は娘がマーチングに出るので、それに付き添い、日曜日は夕方から子ども会のみこし、それが終わった後、行政区の踊りパレードに参加して、その後、娘が出店でくじを引くのにつきあって、煮イカを食べて帰ってきた。

(煮イカって知ってる?私は茨城県に来て初めて知った。
あの毒々しい赤い色がいかにも体に悪そうでなんとも魅力的。一回だけは食べてみようと思っていた。)
その後はひといきついて、風呂浴びて、明日納品の仕事のチェック。
まずまず祭りも楽しんできた。来年は子供が二人とも地域の学校や子ども会を離れてしまうので、祭りとの接点もなくなる。そう思うとちょっと感慨深かった。

普段歩かないので、足がくたくた。普段運動不足だから、足腰が弱っているのだろう。
パレードの後、疲れてよたよた歩いていると、同じくパレードの参加した年配の人たちがてきぱきと働いていた。みんな立派だわ。

20代のころ、ヘルスセンターかなにかで体の年齢を測ったら、50代だった。
ではいったい今ならいくつなんだろう。考えると怖い。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-30 23:58

今日もダメダメ

今日は祭り当日。

ドジをしたり、ものが壊れたり、今日もまたダメダメな日。

午後三時まで仕事して後はもうお休みにしました。

ダメダメすぎて、疲れました。
疲れすぎて、何がどうしたか、書く気力もありません。
寝よ。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-29 22:27

こんどはマウスが

今度はマウスが暴走状態。
仕事をすればするだけストレスがたまる。

もう一つのパソコンにつけてあるマウスと取り替えようかと思ったけれど、パソコンが認識せず。ドライバか何かがあったんだっけ?何も思い出せない。

混乱状態で、アマゾンで24時間以内発送のマウスを注文する。
その後、マウスの調子はさらに悪くなる。しかたないので、タッチパッドを使いはじめたけれど、いよいよストレスがたまる。

夕方からは、息子からCDを借りたりして、ぼんやりとすごしてしまう。
ああ、こんなことやってるなら、アマゾンに注文するのではなくて、直接電器屋に買いに行けばよかった。そうすれば今頃快適に仕事しているだろうに。

たぶん、新しいマウスが来るのはあさって。それまでは我慢、我慢。

そういえば、台所のガスレンジも火のつきが悪いような気がする。
なんだかCDプレーヤーも‥。
どうしてこんなに次から次へと壊れていくんだろう。
ストレスで私の頭も壊れ始めているみたい‥。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-27 23:53

知らない間にふっきれた

相変わらず仕事漬け。なのに、なかなか進まない。
台湾のいろいろな分野の報道文。
時事用語も、言い回しも、ピンと来なくて、本当にバカらしいくらい調べまくって、調べまくって、やっとなんとか訳文にしたてあげている。
自分ではできたつもりでも、カンチガイした箇所もあるかも。
後、一ヶ月くらいかかるのかなあ、と思うとめまいがしそう。

今日は、そういうあわただしい中で、娘の学校の面談にも行ってきた。

この子については、本当に今まで心配ばかりしてきた。
私にとって、
息子はもうただ「かわいい」存在だが、娘のことを思うと、かわいいと言うよりは「痛い」というほうがびったりとくる。

娘は、同世代の女の子たちとなかなかうまく折り合えない。

私自身、子供のころそうだったから、そのどうしようもなさがよくわかる。
私だっていまだにいろいろな問題が解決したわけじゃない。
ただ、適当に流せるようになっただけ。
面倒くさい思いをして、本当にそんな付き合いをしなければならないか、と冷静に考えると、
本当に必要なつきあいなんてそんなにない、と開き直っただけ。
でも、それには長い長い時間がかかる。

私だって、そういうふうにしてきたのだから、同じように生きていけばいいじゃないか。
それはそれで、いいものだよ。
それに、私が何かをしてやりたいと思っても、娘の弱さにどんなにやきもきしても、自分で解決するしかない問題なのだから。それを私も、娘もよく心得ておかなければね。

なんとなく腹が据わった気がする。私にできることはほとんどないと。

そんな思いを先生に伝えるのも、たいへんだし、場違いな気がするので、
笑顔で「何も心配していません。いろいろなことは、この子は自分で解決できるでしょう。
いろいろな面で恵まれた子ですから」とだけ言って帰ってくる。

娘が先に行くのを、私はこの家の中でじっと見守る。
でも、わかっているからね。誰も周りにいなくなっても、大丈夫。私は母だけど、友達にもなる。そして、裏切らないし、見捨てることもないからね。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-27 00:22

その後、エアーダスターを買ってきて、使えなくなった「n」のキーの周りにガス流をあててみた。しかし、改善せず。そこでエイヤとキートップをはずして、ガスを吹き付けてみた。
そうすると、白いホコリの塊が2つひらひらと現れたので、ピンセットで摘み取る。
からみついていた髪の毛も取りjのぞいた。こんなにたくさんのホコリをとったのだから、今度はちゃんと反応するようになるだろうと思ったのだが、さらにだんだんと反応が悪くなり、3~4回連打しないと入力できなくなる。

でも、予備のパソコンはメモリを増設していないし、いろいろな資料も入っていないので、そのままいつものパソコンを使い続けたが、夜寝ていると、ジンジンと手がしびれるので、ようやく予備のパソコンと仕事机においてあるパソコンを入れ替える。

いろいろと設定を変えたり、ソフトをいくつか入れなおしたりしていて、今日はあまり仕事ははかどらなかった。

明日から、またがんばらなくては。(でも、もううんざりしてきた)
[PR]
by ymznjp | 2006-07-23 23:08

先行きは長い‥

当然のことながら今日も仕事。
1/4終わった。急いで納品する必要もないので、まだ手元に持っている。
インクと紙を買いたしに行き、残りの原稿を全部プリントしてみたら、やっぱり結構な分量になって気が重くなる。見なければよかった。

夜、9時過ぎになって月曜日納品の引き合いがあったが断った。
しばらくして、また同じ会社から電話があって、またやってもらえないかと言われたが、こちらもあまり追い込まれたくないし、気の毒だな、と思ったが、断る。
こういう気分を何度も味わうのがいやだから、早くこの大仕事から逃れたい。

今日になってから、パソコンのキーボードの調子が悪い。「n」のキーの反応が悪くなったようだ。ノートパソコンなので、キーボードだけ買うわけにいかないし、修理に出したら1週間はかかるだろう。ネットで調べたらエアダスターで直ることもあるらしいので、明日試してみよう。
予備のパソコンは夫と息子が使っていて、私は貸してもらえそうもない。(私のなのに)


買い換えるにしても時間がないから、なんとかこの仕事が終わるまで騙しながらつかえないかしら。ええい、それにしても、nがますます出づらくなってきた。やっぱり使いにくい。どうしようかな。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-22 00:09

翻訳は通訳に比べたら、クライアントの反応に触れることが少ない。
それがわかっていても、やはり、人の期待に応えられることは、励みになる。

昨日と今日で4件の仕事を断った。
「次はいつくらいから受けていただけるんですか」

悩みながら、答える。「来月20日すぎくらいには‥」

でも、それはかなり順調にいった場合の話。どうかすると、やはり来月末までこの仕事で苦しむことになるかも。

早く「はい、仕事、受けられます」と答えられるようになりたい。
今の状態は、苦しすぎる。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-20 12:11

先週、8月末納期の仕事を受注した。原稿は40ファイルあって、1ファイル中に翻訳が必要な部分と不要が部分が混在する。
最初に電話で担当者からできあがり予想枚数を聞いたときは「楽勝♪」と思ったのだが、作業を進めていくうちに、今回のできあがり枚数が当初考えていたのよりもずっと多いことに気づいた。
それに、ごてごてした装飾過剰の文章が多く、思いのほか翻訳に手間取る。そういう文章は、日本語にすると当然のごとく、だらしなくまとまりのないものになってしまうので、推敲に予想以上に時間がかかる。(そのわりにはデキがわるい。私の腕のせいだけど)


この仕事の先行きを考えて、途方に暮れてしまい、この数日間、ブログを書く気さえ起こらなかった。そこに追い討ちをかけるように入ってくる他社からの引き合いも断らなければならず、気持ちはさらにめいってくる。

今月中になんとか20ファイルはやってしまいたいのだが、月末までに子供2人の学校の面談、親子活動の星の観察、祭り、志望校見学などが目白押しとなっている。それに塾の夏期講習が始まると、弁当も作って持たせなければならない。

志望校見学は夫になんとか押し付けたが、「星の観察」とか、「祭りの踊りパレード参加」なんて、この忙しい時にするものではないよ。きっと、気持ちを仕事から引き剥がせないまま、上の空で星を眺め、うわのそらで踊ってくるのだろう。なんだか最悪だな。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-19 09:22

せっかくのヒマな日々を

6月の仕事はぼちぼちだった。
7月に入ってからもぼちぼちだったが、先週の末にようやくそこそこまとまった仕事を受注した。
それが残り少なくなった今日、8月末までのかなり大きな仕事を受けた。
原稿はワードで来たが、訳す部分と訳さなくてもよい部分がまじっていて、実際はどれくらいの分量になるのか見当がつかない。

こうしてまた仕事漬けの日々が戻ってきた。
この1ヶ月、ヒマがあったのに、ちまちました仕事をだらだらとやり、読もうと思っていた本もあまり読まなかった。一応、読んだ本もあるのだが、くだらないものばかり。

いつになったら、時間が有効に使えるようになるのだろう。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-11 15:55