<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マヌケしちゃった

今日もだらだらと仕事。
そうしているうちに、気がついた。
夫が行かないなら、旅行先は中国にする必要なかったのだ。
この寒い時に、わざわざ北京なんて何しに行く?

ハワイか、シンガポールにすればよかったな。
もう40日切ってるし…。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-30 19:02

冬休みには、結局、私とこどもその1で、中国に行くことになった。
「どうして自分の都合ばかり優先させるのか。今まで私はこどもを家において外に泊まったことなんか一度もない。Kちゃんは何度もそういうことしてるでしょ。だったら、今度は私が行くから、家でTを見ててよ。もともと旅行に行くつもりだったんだから、休みとれるでしょ。」と夫にいって、私とこどもその1の分の旅行の予約をしてしまう。

夫が「自分がどうしてこんなふうに犠牲にならなければいけないのか」といっているのを聞いてまた腹が立ってくる。
そういう「犠牲」を私は10数年間も払ってきたのに、どうして気づかないのか。
夫がやってきたのと同じことを私が一度したからと言って、「わがまま」とは言わせない。

ああいう男には試練を与えてやらなけりゃ、口で言ってもわかるまい。
けっ。思い知れ。


だけど、ここではまだ仲直りしないからね。
お茶も入れてやんない。おかゆも煮てやんない。
ちょっとかわいそうにも思えて、心がぐらつくが、もう少しがんばってみる。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-29 11:36

昨日からみなさんの書き込み(ありがとう!)を読んで考えていた。

結局、私が仕事をはじめる前に、いろいろしていた家のことはそのまま私がやるのが当たり前だと家族は思っていて、私が忙しくなった今もそれが実情に合わせて変わっていない。

夫は中国の家族の中で一番先に海外へ出たときから家族の「ミツグ君(古い言い方だけど)」で、みなが豊かになって状況が変わっても、いつまでたっても、周りも自分も「与え与えられる方向」が実情に合わなくなってきたのに気がつかない。

ということなんだろう。

私は根がまじめだから、専業主婦をしていたときに、職業を持っていない分、家で働らかなければならないと思ってがんばっていた。今それが裏目にでてきたのだと思う。

だけど、私はある意味でいつも計算高いところがあるので、ひずみに気づいているけれど、夫は中国人ぽいある種の情緒に引きずられたままだ。
「中国人の家族は助け合うもの」なんだそうだが、「助けあう」のではなく、助ける方向性はいつも一緒でなかなか変わらないようだ。一度助ける側になると、みんなが当たり前だと思うようになる。
そういうことは日本人の家族でもあることなのかもしれないけど、
やっぱり感覚的によくわからない。
中国人の「手足之情」とか「骨肉之情」って何?いったい誰のためのもの?何のためのもの?
いったいよいもの、わるいもの?
そんなに犠牲を払わなくてはならないもの?

そして、夫が考えるその「情」の中には、どうして私や私のこどもは含まれないのだろうか。
日本人だから?私がそれを拒否してるから?
[PR]
by ymznjp | 2005-11-25 10:36

怒り爆発!!冷戦状態。

なんだか、このところ貯めていた不満が爆発し、
家中を不穏な空気で満たしてしまった私。

自分の子供は私に任せ切りのクセに、自分の親・兄弟には深情けをするバカ夫にもうきれまくり。

どうして、あんなふうに親の役割も子供の役割も果たさないろくでなしの自分の親族に深情けをするのか、理解不能。
あきれた夫の親族の女たちに比べたら、私なんて実にまともな女だと思う。
でもそれが夫にはわからないんだよ。
中国人の家族感なんて、皮膚感覚では本当にわからない。
私は仕事と子供のことで手一杯だから、こんなヤツのことは見限った。


(明日こどもその1は試験なのに、本当にごめんと心の中で手を合わせる。でも、さりげなく私をかばってくれるんだよね。(T_T)(T_T))
[PR]
by ymznjp | 2005-11-23 23:32

働くばかりの毎日か…

結局、なんどか説得を試みたが、こどもその2がどうしても首を縦に振らないため、
年末年始の旅行は取りやめになりそう。
今年がだめなら、来年も行かないことになるだろう。
小学生を放っておいて、他のみなで行くわけにもいかないし。
夫は旅行に行かないなら、プラズマテレビ(液晶だったっけ?)でも買おうという。
つまらないものを欲しがるものだ。
ま、好きにすればいいけど。

おととい、町内の清掃があり、そのときに、他の人から「橋の下の伸びっぱなしの草と、放置されているおでんやの屋台を片付けるように、班長のあなたから市役所に連絡してくれ」と言われたので、市役所にメールを打っておいたら、朝から市役所の職員がうちにやってきて、
こちらの要望にどういうふうに対処するかを説明して帰って行った。
こんなふうに町内の年長のご婦人たちの使いっぱしりもやらなくてはならないし、さらに、生協の配達があったり、急ぎの仕事が入ったりで、今日もバタバタと過ぎていく。
明日は休日だけど、やっぱり仕事。
こんなにせっせと働いているのに、年末の旅行もダメになったかと思うと、ちょっと(かなり)さびしい。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-22 15:51

あれ、もう年末!?

金、土、日とたらたら仕事をして、月曜日納品。
その間、別の仕事の引き合いがあったのだが、
内容を見て、手に余りそうなので、大事をとってお断りする。
ちょっとウツなきもちになったが、明日からまたレポートの翻訳。

とにかく今日のうちに休んでおこう。

気が付いたら、11月も終わりに近づきつつある。寒いせいか、もう年末気分。
車に乗せているCDもクリスマスバージョンに変えた。
年が明けると、すぐ年をとるので、この季節は好きではないが、
少しでも明るくすごそうと思って。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-21 20:19

ちょっと悲壮

2日休んでまた今日から仕事。月曜日納品。
このところ、休日にやるからと言って割増料金をもらうことなどなかったのだが、
今回はなぜか割増料金がついてきたために、今までにない単価となった。
こんなにもらっていいんだろうか。小心な私はうれしいと思うよりもプレッシャーを感じてしまう。
内容はそれほど難しくない。手を抜かないでがんばろう。(いつもがんばっているけど)


昨日と今日の午前中とで、昨日BOOK OFFで買った「地価 最終 暴落」を読む。
ここに書いてあることがそのまま本当になるかどうかはわからないけれど、
これまで先送りしてきたツケがこれからドカンとやってくるのは確かなことなんだろう。
私は今までそれなりに恵まれてきたからよいけれど、これから少なくなっていく子供がそれを負担していくのだと思うと気持ちが重くなる。

本当に今のこどもは、こんな日本にこんなときに生まれてきたのが不幸だったのかもしれない。
せっせと子供に勉強させて、海外にでも逃がしてやろうと本気になって考えてしまう。
とにかく、子供にはできるかぎりのことをして、ちゃんと生きていけるようにしなくちゃ。
そう思って、ママは今日もがんばるのである。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-18 19:21

秋の一日

火曜日の午後までに仕事を終え、後は、いろいろな用事をすませてすごす。
水曜日は午前中に、穏やかに晴れた空の下で、バラの木の枝を剪定する。
こういうものは、やる時期があるようだが、そんなことにはお構いなくヒマな時にやっておく。
それでも、うちのよい子のバラの木は毎年6月になれば咲く。

お昼からは、学校にバザーの提供品を届け、そのまま図書館に行って、その後、灯油を買って帰る。
今年の灯油は去年よりもずっと高い。それなのに、この寒さ。
昼間ひとりで家にいるときには、できるだけ無駄使いしないようにしよう。
とは思うのだが、灯油が家にあれば使ってしまう。
(茨城の冬はさむいよ~)

夜は、わずかに仕事をして、本を読んで寝る。

とりたてて何も特別なことはないけど、満たされた秋の一日。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-17 09:26

なんとなく苦手…

日曜日に納品して欲しいといわれたパワーポイントの仕事をしている。
なかなかやっかいなのだが、最初に言われたほど分量は多くないようで楽勝っぽくなってきた。
後、レポートの翻訳も控えているのだが、今日宅配便を受け取ってみたら、これも分量は少ないようだ。

実は、昨日もう1件、引き合いがあったのだが、断ってしまった。
仕事の見通しがつかない朝のうちでなく、午後にかかってきたら、受けていたのにな。残念。
それにしても分量くらい聞いておけばよかった。

その翻訳会社の担当者はたぶん年配の男性なのだが、そういう人だとなんとなく苦手で粘り強くあれこれ聞いたり、交渉したりできない。特に、押しが強い感じの人だと、ダメ。
それで、「やります、やりません」の話だけして電話を切りたくなってしまったのだと思う。
こちらだって、すでに「正真正銘のおばさん」なのだが、会社でおじさんたちの使いっぱしりをさせられていたコムスメの時の感覚から抜けられない。

なかなか見た目にも精神的にも貫禄をつけるのは、たいへんだ。(もう一生つかないかも)
[PR]
by ymznjp | 2005-11-12 10:10

今度は謎の車

このところ、1日仕事しては、1日休むというような感じだった。
今日もワイドショー見たりして、のん気に始まったのだが、
昼過ぎから仕事が3件入って、水曜日まではスケジュールがだいたい埋まってしまった。
それに明日もあさっても塾の送り迎え…。また、なかなか忙しくなってきた。

その塾の送り迎えでときどき見るのが、「闇の特殊部隊 日本列島 東へ西へ」と書かれている春日部ナンバーの車。
「危」というプレートがついているので、危険物を載せているのだと思う。

いったい、あれは何?知っている方がいたら教えてください。
[PR]
by ymznjp | 2005-11-10 22:09