今頃、オリンピックの話

帰ってきてから、ずっとダラダラと仕事をしている。
サクサクやりたいのだが、子供2人がいて、「あれがない、これがない」、「あれをどうしたらいい?」、「ご飯何?」など、いろいろ話かけてきてうるさいので、ついつい仕事に身が入らなくなる。

気がついたら、オリンピックって終わっていたのね。

今回、初めて開会式なるものを見た。
その後、水泳だけを何となく見て(某選手が娘のクラスメートの親戚だと娘が騒ぐので)、
実家に帰ってからは、レスリングだけを見た(全部じゃないけど)。

レスリングは、何だか分からないうちに、ポイントが入って勝敗が決まる。
でも、最後にどちらが勝者になったのかくらいは私でも分かる。

それにしても、伊調姉妹。
普通の姉妹ってあんなに美しい愛情で結ばれているものなのだろうか。
ただただ驚くばかりである。

子供のころ、私と妹はいつもくっついていたが、そのころも大人になってからも、そんな美しい愛情では結ばれていなかったので、
世間の姉妹というものも、それが普通かと思っていた。

確かに、美しい感情もあるにはあったが、嫉妬だとか、醜い感情も同じくらいあったもんなあ。

話は変わるけど、「オグシオ」って、何かのペアの名前だったのね。
この間、生協の同じ班の人とおしゃべりするまで知らなかった。
競馬ウマか何かの名前かと思っているうちに、オリンピックも終わってしまった。

やっぱり、相変わらず世の中とは、ずれまくり。
[PR]
by ymznjp | 2008-08-28 11:09