何なんだよ、NTT!

光フレッツを入れることにした。
勧誘されてついその気になって。
工事は6月27日の予定だった。
その日、朝から3人のおっさんたちが来たが、家の中の電話の配線がどうなっているかわからないということで、屋外配線だけして帰っていった。
次の日、再工事の申し込みの電話をすると、7月9日に工事するという。
6月末まででADSLを解約する手続きをしてしまったので、一週間以上もインターネットを使えなくなってしまう。
あわてて、Yahooに電話して解約日を延ばせないかと問い合わせたが、にべもなく「もうできません」との答え。その後、何とか今日、7月1日に再工事をしてもらえることになったが、一時は私、本当に泣きそうだったよ。

今日、再工事の人たちが来て、工事がすんだ後、ボイスワープの設定にとりかかった。それもサービスの中に含まれていたのだ。
ところが、そのおっさんたち、みんな初めてボイスワープの設定をするらしく、説明書を見ながら汗をかいてあれこれやっていたが、一向に設定ができない。

しかたなく、「午後から自分でしますから」と言うと、ほっとしたように帰って行った。

午後になってから、私がマニュアルを見ながら自分でやってみたが、再設定できない。
何度もNTTに電話をし、そのたびに言われた通りにやったけれど、結局、「入力番号が確認できません」というアナウンスにはね返される。
そのうえ、おっさんたちが変に設定してしまったらしく、家にかかってきた電話が勝手に転送され、それを直すことができない。
何度目かに電話すると「こちらから設定のために人を派遣することができますが、1万円くらいかかります」と言われる。

ここで、私は切れてしまった。「だって、そっちが光フレッツでもボイスワープが使えるといったんでしょ。こちらはマニュアル通りにやってダメなのにどうしてお金払わなくちゃなんないんですか。」

「では、ルータの設定をあーして、こーしてやり直してみれば、もしかしたら設定できるかもしれません」

「そんなの、全部やってくれることになっていたのだし、私、できません」

ということでボイスワープは解約することになった。
こんな面倒な思いをするなら、ADSLのままにしておけばよかった。
仕事しなきゃなんないのに、時間ばっかりかかったし。
[PR]
by ymznjp | 2006-07-01 16:53