川越シェフでGO!

実は私は川越シェフのファンである。

私は普段テレビなどほとんど見ていないのだが、かなり前から私はこの人が出演する「お願いランキング」という番組だけは熱心に見ている。
この番組を見て、そのたびごとに高得点をとった食品をコンビニで買ったり、ファミレスで食べたりしている。
娘も一緒に行っては喜んでたべているので、
この番組と川越シェフのファンだと思っていたのだが、「ママにつきあってやっただけ」とのことである。
実際に食べてみると、「舌の肥えた人たちが絶賛するほどのおいしさなのだろうか。のせられたのかな」と毎回思うのだが、自分からよろこんでのせられているのである。
別に高いものは取り上げられないので、気軽に楽しめばいいと思っている。

この人の本は前から何度か書店で手に取ったことがあったが、そのたびごとに娘が「やだ。そんな本を買うなんて、
いかにも『テレビに影響されやすいおばさん』っていう感じがする」と言うので、また棚に戻したりしていた。しかし、先日、ついに一人で書店に行った時に買ってしまった。
ページをめくるといかにもこの人らしく本の至るところに自分の写真を載せている。
まったくナルシストだなあ。

でも、この人の本はなかなかお勧めなのである。
本当に手間をかけずに10分でおいしいパスタができあがる。
やっぱりね。イケメンだけでこんなに売れているわけじゃないのよ(この人が本当にイケメンかどうかわからないけど)。
うちでは夫がイタリアンなどは好まないので、パスタなどが食卓にあがることは滅多にない。だけれど、
幸い9月はほとんど出張に出ているので、毎日のようにパスタの夕食になっている。

子供たちにもなかなか評判なので、もうじき家を離れて自炊する息子にもこの人の本を薦めてみたが、
「うーん、でも何だかこの人の顔が何度も出てくる本を見ながら料理する気がしない」と言われてしまった。
でも、パスタをさりげなくおいしく作る男子なんて、村上春樹の小説の主人公みたいでよいではないか。(私は村上春樹はきらいだけど、そういうのが世間受けするらしいから)

というわけで、昨夜もパスタ、今夜もパスタ。
娘は「どうせママは毎日のように作っているかと思うと、そのうちいきなり飽きるんだから。
ウーウェンの中華だとか、ルクエでケーキ作りだとか、みんなそうだったでしょ」と冷めた口ぶりで言う。
さすが、わが娘、よく分かっているようだ。でも、当分、母の楽しみにつきあってね。
[PR]
by ymznjp | 2011-09-03 14:40