仲良き事は美しき哉

仕事の合間にネットで遊んでいたら、
中国には、「日曜日うつ病」というものがあるらしい。
別居している夫婦などが、日曜日に他家のだんらんなどを見て、うつ状態になるとのこと。

ふうーん。
なんだか私には理解できないな。
若い人限定ならば、分からなくもないが。

私などは夫が土日に家にいると、うつっぽくなってくる。まったく正反対だ。
日本には、「主人在宅ストレス症候群」というものがあると聞いたことがあるから、私のような人は多いのだと思う。
「亭主元気で留守がいい」という言葉も流行ったし。

以前、つくばやアメリカに住んでいたころ、近くに住む夫の友人が我が家によく遊びにやってきた。
ちょっと夕方遅くなると、中国人の奥様たちはすぐに「まだ帰らないのか。どうしたのか。早く帰れ」と盛んに電話をかけてくるのだ。
特に「力仕事をしてほしい」とかそういう用事もないのに、なぜなのだろうと思っていた。
なぜあんなに夫婦で一緒にいたがるのだろうな。飽きないのだろうか。

寄ると触ると「遺族年金で暮らすのが、夢なの」とか、「定年になったら、年金半分もらってバイバイしたい」などと言っている私たち日本人の女とは、どこが違うのだろう。

夫は「中国人は心が美しいから」とすまして答えていた。
まあ、そうかもしれない。仲良きことは美しき哉。
[PR]
by ymznjp | 2011-06-17 23:45