終わりよければすべてよし

今日、息子の第一志望の合格発表があった。

T大文三合格(いつかのSharonさんの予言が当たったね)。
やった。

朝、珍しく緊張した面持ちで息子が出かけていった後、
ずっと私も何事も手につかずに息子からの連絡を待っていた。

13時に発表予定となっているが、例年それよりも早く発表があるらしい。
でも、13時を回っても、一向に連絡がない。
「もしかしたら、落ちたかも?」胃がきりきりと痛みだす。

13時15分ごろになったころ、やっと電話が鳴る。
「どうだった」
「受かったと思う」
「えっ。『受かったと思う』ってどういうこと?」
「受験票を持ってこなかった。受験番号は確か×××だと思うのだけど、その番号ならあった。
受験票探してみてくれる?私大の受験票と同じ封筒に入っていると思う。
でも、たぶん大丈夫だと思ってもう胴上げもしてもらった。」

電話をいったん切って、その封筒の中を見たが、受験票はない。
息子の部屋にいって普段使っているリュックの中を見てみると、果たしてその中に受験票はあった。

こういうときに受験票も持たず、番号も控えずにぶらりとでかけてしまういい加減なところがいかにも息子らしい。

その後、息子に受験番号を連絡して、その後、実家だの、夫だのに連絡する。

本当にうれしい。
でも、本当は文二志望だったのだが、願書を出すときになって弱気になり、文三に出願してしまったのは、ちょっと残念だった。それに今年はめずらしく文二のほうが合格最低点が低くて入りやすかったのだから、なおさら文二に出せばよかったのにと今になってから思ってしまった。

だけど、グチグチ言うのは、これでやめにしよう。気持ちを切り替えて、前向きに行こう。
とりあえず、ケーキ買いに行こう。今月はこれで何度目かな。
武道館での入学式についていくの、楽しみだな。
[PR]
by ymznjp | 2011-03-10 13:42